みどり区 左京山歯科・矯正歯科クリニック

歯の豆知識ブログ

MENU

親知らずを抜いた方がいい人、抜かなくていい人とは?

親知らずを抜いた方がいい人、抜かなくていい人とは?

こんにちは、名古屋市緑区の左京山歯科クリニックの院長の宮崎です。今回は親知らずを抜いた方がいい人と、抜かなくていい人について説明します。

まず結論から言います。

親知らずを抜かなくていい人とは、ずばり4本ともまっすぐ生えていて噛み合っている親知らずの人は抜かなくて良いでしょう。

えっ!?そんな人いるの?と思われる人も多いと思いますが4本ともまっすぐ生えていて嚙んでいる人はかなり少ないです。1日診療していてもそんな顎がしっかりしている人はほとんどいません。

つまり大多数の人は親知らずは抜いた方が良いという事なのです。

親知らずはその名の通り、親が仕上げ磨きなど、子供のお口の中を管理するのが終わってからの10代後半から20代前半の時期に生えてきます。まっすぐ生えればそこまでトラブルの原因にはなりにくいですが、大抵の場合はまっすぐ生えるスペースがなく、横向きに生えていることが多いと思います。そのように横向きにはえて、またお口の中から歯が一部見えている場合は、親知らずや、またその前の歯と接している部分がむし歯になりやすいため、抜歯をおすすめします。

例え歯がお口の中で見えていなくても、今まで歯茎が腫れたことがある、など症状が何かしらある場合は早めに抜いた方が良いでしょう。他にも症状がなくて抜かずにおいておくリスクとして、親知らずの頭の部分に、膿の袋ができてしまい、周りの骨を吸収していくことが稀にあります。ほとんどの場合は症状がでないため、歯医者さんでレントゲン撮影をして発見されることが多いです。

ほかっておくと周りの骨が吸収してしまい、健康な他の奥歯にも影響が出てしまったり、膿の袋に押されて歯の位置がどんどん深い位置になり抜歯するのが大変なケースでは、全身麻酔での処置になることもあります。歯を抜かないことを選択される場合はそのようなトラブルが起きていないか、定期的にレントゲンをとると安心ですね。また高齢になるにつれて歯周病によって歯茎の位置が下がってくると、今までは歯茎の中にいた親知らずが見えてくることがあります。そうなるとやはり腫れやすかったり、むし歯になりやすかったりなどトラブルが起きやすいです。

まっすぐ生えていて、上と下の歯でしっかり噛み合っている場合はよっぽど抜く必要はありません。奥歯で磨きにくいため、むし歯になってしまいやすいです。むし歯になった場合はなかなか治療の器具が奥まで入らないため、一度むし歯になると抜歯になることが多いです。出来るだけむし歯にならないようしっかりと歯磨きしましょう。上と下のどちらかはまっすぐ生えているけど、もう片方が元々なかったり、生えていない場合はそのままにしておくとかむ相手がいないため歯が伸びてきてしまいます。そうなると歯茎に当たってしまい痛みを出したり、前の歯との隙間があいて物が詰まりやすいこともあります。そういった場合は抜歯になることがあります。

ただそうは言っても、抜くことに全くリスクがないわけではないため、それぞれの生え方に合わせて、歯医者さんで相談してみましょう。

つい先日、左京山歯科クリニックのスタッフも左下の親知らずを抜きました。

左下の黄色い○のはが親知らずになります。本人もたまに痛くなると言うことで意を決して抜くことを決めました。このように中途半端に生えていたり、たまに痛くなるなどの症状があれば痛みがない時に抜歯をするのが賢明です。

名古屋市緑区の左京山歯科クリニックでは口腔外科の先生も何人かいますのでスタッフも診療後にその先生に抜いてもらいました。切開して少し周りの骨を削っての抜歯です。しかし年齢が若い子ともあり20分程度で終わりました。翌日は少し腫れましたが痛みはそこまでなくて本人も抜いて良かったと言っていたので良かったです。

親知らずでお悩みの方はまずは相談のために歯科医院を受診するのをお勧めします。ほとんどの方は遅かれ早かれ親知らずによるトラブルが出る場合があります。痛くないときに自分の親知らずは将来抜くべきかどうかも判断してもらうのが良いでしょう。

左京山歯科クリニックでは口腔外科の先生がいますのでほとんどの親知らずは当院で抜歯をすることができます。ただし複数の親知らずを同時に抜歯をすることはできませんので、その場合は藤田医科大学病院など大きい病院をご紹介させて頂きます。4本同時抜歯などは入院抜歯になる場合が多いですのでいっぺんに抜きたい場合は藤田医科大学病院であれば左京山歯科クリニックで紹介状と予約を取ることもできます。お気軽に親知らずのご相談にご来院下さい。

監修者情報

監修者情報

名古屋市緑区のみどり区 左京山歯科・矯正歯科クリニックで院長を務める宮崎裕基です。当院は歯の機能の改善と口元の美しさを両立させる審美治療を中心に、お口全体の健康を包括的に守るフルマウス治療を推奨しています。いつも患者さんに精度の高い安心の治療をご提供できるように、常に技術の向上に努めています。そのためにも、歯科用CTなど新しい設備の導入は欠かせません。
私たちはカウンセリングを大切にし、そこで患者さんの本当のご要望を引き出すことが「ご満足いただける治療」につながると考えています。お口のお悩みがありましたら、まずはお気軽にご相談ください。

歯科医師 採用情報

最新技術で輝く白い歯に CEREC

コラム カテゴリ一覧
Q&A
インプラント治療
お知らせ
入れ歯
医院のお知らせ
外科
審美治療
小児歯科
根管治療
歯の豆知識
歯並び、矯正
歯周病
歯科用語
虫歯予防
院長日記

審美治療メニュー

審美治療

審美治療

esthetic

ホワイトニング

ホワイトニング

whitening

矯正歯科

矯正歯科

orthodontist

インプラント

インプラント

implant

その他の歯科メニュー

虫歯治療

a bad tooth

歯周病治療

periodontal

咬み合わせ治療

orthodontics

入れ歯

dentures

予防治療

preventive

小児歯科

pedodontics