みどり区 左京山歯科・矯正歯科クリニック

歯の豆知識ブログ

MENU

歯が割れないようにする大事な話

歯が割れないようにする大事な話

歯が割れると大変です。少し割れるくらいでしたら大丈夫なことも多いですが、割れ方によっては痛みが出て歯の神経を取る処置をしたり、最悪な場合は抜歯をしないといけないこともあります。

歯が割れないようにする大事なことをお話ししたいと思います。

 

 

 

歯が割れやすくなる原因は?

1:歯の神経を取ってしまう

歯の神経を取ると歯が割れる可能性は高くなります。特に歯の根が割れる可能性が高くなるのです。歯の神経を取ると歯はもろくなります。例えるとドライフラワーみたいなものです。ドライフラワーも花の形は保っていますがもろいので力が加わると割れてしまいます。歯も神経を取るとドライフラワーのように生活力がなくなりもろくなり根が割れやすくなります。ですので出来る限り歯の神経を取らないことも大事な要素です。

2:歯に入れる土台はファイバーコアを使う

神経を取った後に入れる土台には金属を使用するメタルコアと金属を使用しないファイバーコアがあります。歯に優しいのはファイバーコアです。メタルコアは硬すぎるので根が割れることが多いので出来る限りファイバーコアを用いるのが重要になります。

3:硬いものを好んで食べない

やはり硬いものを好んで食べる方は歯が割れやすいと思います。特に氷や飴を噛んで食べたり歯ごたえのあるものを好んで食べる方は要注意です。自分は歯が丈夫と思っていても力加減によっては歯が割れることもあります。歯が凍みるな〜くらいに思っていたらある日激痛に変わった方もいます。初めはヘアラインクラックといい髪の毛の太さほどのひびだったのが。そこから亀裂が広がり神経までいったということです。ですので硬いものを好んで食べるのはあまりいいこととは言えないので注意しましょう。

4:歯ぎしりや食いしばりを指摘された方

歯ぎしりや食いしばりを周りの人や歯医者さんで指摘された方は要注意です。歯ぎしりや食いしばりもかなりの力が歯に加わります。特に寝ている時の歯ぎしりは起きている時の約6倍もの力がかかります。つまり100キロ近くの力がかかるのです。ですので歯が割れるのを防ぐためにマウスピースをはめることが大事になります。歯ぎしりを指摘された方または自覚している方は要注意です。

5:歯の欠損を放置している方

歯の欠損を放置していると残っている歯に負担がかかる場合があります。欠損はできるかがり放置しないで、インプラントやブリッジまたは義歯にて治療しましょう。

歯が割れてしまうと抜歯になる確率も上がります。しかもいつ割れるかは専門家の僕たちでも予想がつきません。ですので日頃から歯が割れないように注意が必要です。特に硬いものが好きな方は歯の神経を取ることがないようにしましょう。

監修者情報

監修者情報

名古屋市緑区のみどり区 左京山歯科・矯正歯科クリニックで院長を務める宮崎裕基です。当院は歯の機能の改善と口元の美しさを両立させる審美治療を中心に、お口全体の健康を包括的に守るフルマウス治療を推奨しています。いつも患者さんに精度の高い安心の治療をご提供できるように、常に技術の向上に努めています。そのためにも、歯科用CTなど新しい設備の導入は欠かせません。
私たちはカウンセリングを大切にし、そこで患者さんの本当のご要望を引き出すことが「ご満足いただける治療」につながると考えています。お口のお悩みがありましたら、まずはお気軽にご相談ください。

歯科医師 採用情報

最新技術で輝く白い歯に CEREC

コラム カテゴリ一覧
Q&A
インプラント治療
お知らせ
入れ歯
医院のお知らせ
外科
審美治療
小児歯科
根管治療
歯の豆知識
歯並び、矯正
歯周病
歯科用語
虫歯予防
院長日記

審美治療メニュー

審美治療

審美治療

esthetic

ホワイトニング

ホワイトニング

whitening

矯正歯科

矯正歯科

orthodontist

インプラント

インプラント

implant

その他の歯科メニュー

虫歯治療

a bad tooth

歯周病治療

periodontal

咬み合わせ治療

orthodontics

入れ歯

dentures

予防治療

preventive

小児歯科

pedodontics