名古屋市緑区の医療法人SKY 左京山歯科クリニックの精密な検査・診断についてご紹介します。

歯の豆知識ブログ

MENU

抜歯後の麻痺についての質問です。

ある患者さんからメールで質問を受けました。

私は東京に住んでおり、都内の大学病院で先日右下の親知らずを抜歯しました。 その際にオトガイ神経麻痺を発症し現在も感覚知覚鈍磨と、痺れが持続しています 幸い切断はしていないようで、先生と同じく神経に触れた程度なのだと思っていますが、2週間経ったいまも知覚鈍磨と痺れが残っています。 飲みこぼすことはなく、日常生活にはほとん支障ありませんが不快な状態です。 先生はブログでは2週間ほどで症状が軽くなったようですが、その後はいかが経過されたのでしょうか。 長期的に見て回復するだろうとは思っていますが、先が見えず不安に感じることもあり、ご連絡しました。 ご経験談をお聞かせ頂けましたら、幸いです。

回答

相談のメールを頂きましたので分かる限りで説明させていただきます。

まず私は去年の8月にある大学の口腔外科で後輩の先生に抜歯を頼みました。
抜いた瞬間に電撃用の痛みが走り麻痺が出たなと思い、何時間経っても痺れは収まらず
右の唇周囲の麻痺になりました。主治医の先生に聞いても出血も普通だったし切断はないと思うから大丈夫と言われましたが歯科医師であっても先が見えない恐怖に毎日不安を抱いていました。
その後2週間でよくなったと書きましたが初めの麻痺の痺れが10とすると2週間で7位になった感じです。初めの1週間くらいの痺れは本当に凄かったと記憶しています。2週間経ってもだいぶ痺れていました。歯茎も痺れていて歯を磨いても全く感覚がない状態です。
だいぶマシになったのは3か月くらいたった12月くらいでしょうか。その頃になると痺れは2〜3くらいになったと思います。初めの痺れが本当に足が痺れて立てないくらいのビリビリしてる状態くらいだったのでそれに比べればだいぶマシでした。
今はほとんど気にならないです。日常生活も問題ありません。厳密に言うと右と左では多少指で触ると感覚が違うのかなという感じです。少し麻痺は残っているのかなと思いますが唇を指で触って違和感が多少右にあるのかなという程度です。
後輩の外科の先生にも聞きましたが、多くの麻痺の方は僕と同じような経過をたどる方が多いみたいです。まずは3ヶ月が目安だと思います。3週間、3ヶ月、6ヶ月など3の倍数で見ていくのが大事みたいです。
今はいつ麻痺が治るのか本当に不安だと思いますし、いつも指などで唇を触ってしまうなど
あると思いますが必ず治ると信じてお過ごしください。アデホスとメチコバールを処方されていると思いますが薬は飲んだ方がいいと思います。
麻痺に対する根本的な治療はないのが現状です。
切断さえしていなければ必ず良くなると思いますので信じて待ちましょう。
それではお大事になさってください。

追記:2022/03/31

現在、下歯槽神経麻痺に関して電話でのお問い合わせが多数ありますが、当院に通って頂いている患者様以外の方からの下歯槽神経麻痺に関する電話でのお問い合わせは現在は対応しておりませんのでよろしくお願いします。

監修者情報

監修者情報

名古屋市緑区の医療法人SKY 左京山歯科クリニックで院長を務める宮崎裕基です。当院は歯の機能の改善と口元の美しさを両立させる審美治療を中心に、お口全体の健康を包括的に守るフルマウス治療を推奨しています。いつも患者さんに精度の高い安心の治療をご提供できるように、常に技術の向上に努めています。そのためにも、歯科用CTなど新しい設備の導入は欠かせません。
私たちはカウンセリングを大切にし、そこで患者さんの本当のご要望を引き出すことが「ご満足いただける治療」につながると考えています。お口のお悩みがありましたら、まずはお気軽にご相談ください。

歯科医師 採用情報

最新技術で輝く白い歯に CEREC

コラム カテゴリ一覧
Q&A
インプラント治療
お知らせ
入れ歯
医院のお知らせ
外科
審美治療
小児歯科
根管治療
歯の豆知識
歯並び、矯正
歯周病
歯科用語
虫歯予防
院長日記

審美治療メニュー

審美治療

審美治療

esthetic

ホワイトニング

ホワイトニング

whitening

矯正歯科

矯正歯科

orthodontist

インプラント

インプラント

implant

その他の歯科メニュー

虫歯治療

a bad tooth

歯周病治療

periodontal

咬み合わせ治療

orthodontics

入れ歯

dentures

予防治療

preventive

小児歯科

pedodontics