みどり区 左京山歯科・矯正歯科クリニック

歯の豆知識ブログ

MENU

保険のかぶせ物と自費のかぶせ物で虫歯になりにくいのはどちらですか??

保険のかぶせ物と自費のかぶせ物で虫歯になりにくいのはどちらですか??

全く同じ条件の場合で言えば保険の金属の銀歯と自費のセラミックのかぶせ物では保険の銀のかぶせ物の方がプラークがつきやすいので虫歯になりやすいと言えます。

しかし、これはなかなか難しい話です。保険と自費ではかぶせ物の素材以外にも型取りの材料、歯の形成(歯を削ること)の時間のかけ方、技工士さんのかぶせ物を作る精度の問題、使うセメントの種類など条件が違う場合が多々あります。

保険のかぶせ物は値段が決まっていて技工士さんが受け取る値段もだいたい決まります。その値段は比較的安いためどうしても流れ作業的になります。つまり数をやらないとお金にならないのです。

自費診療は単価が保険治療よりも高く設定されているので1本のかぶせ物を作るのも時間をかけても問題ないのです。

ですので保険のかぶせ物と自費のかぶせ物では比較は難しいのです。

保険だから絶対に虫歯になるというわけでもないし、自費だからと言って歯磨きをしなければ虫歯になります。

車で例えると安い車と高級車だとどっちが長く乗れますか?と言っているようなものです?全く同じ条件は無理ですよね?高級車でもオイル交換もしないメンテナンスもしなければ壊れてしまうし、安い車でも愛着を持ってきちんと手入れして乗れば長く乗れます。それと同じと思っていいでしょう。

保険と自費の大きな違いは素材の違いもありますが時間をかけてしっかり作るかどうかが1番の違いだと思っています。保険だから手を抜いて作っているというのではありませんのでご了承ください。あくまでかけれる時間やコストが限られてると思ってください。

監修者情報

監修者情報

名古屋市緑区のみどり区 左京山歯科・矯正歯科クリニックで院長を務める宮崎裕基です。当院は歯の機能の改善と口元の美しさを両立させる審美治療を中心に、お口全体の健康を包括的に守るフルマウス治療を推奨しています。いつも患者さんに精度の高い安心の治療をご提供できるように、常に技術の向上に努めています。そのためにも、歯科用CTなど新しい設備の導入は欠かせません。
私たちはカウンセリングを大切にし、そこで患者さんの本当のご要望を引き出すことが「ご満足いただける治療」につながると考えています。お口のお悩みがありましたら、まずはお気軽にご相談ください。

歯科医師 採用情報

最新技術で輝く白い歯に CEREC

コラム カテゴリ一覧
Q&A
インプラント治療
お知らせ
入れ歯
医院のお知らせ
外科
審美治療
小児歯科
根管治療
歯の豆知識
歯並び、矯正
歯周病
歯科用語
虫歯予防
院長日記

審美治療メニュー

審美治療

審美治療

esthetic

ホワイトニング

ホワイトニング

whitening

矯正歯科

矯正歯科

orthodontist

インプラント

インプラント

implant

その他の歯科メニュー

虫歯治療

a bad tooth

歯周病治療

periodontal

咬み合わせ治療

orthodontics

入れ歯

dentures

予防治療

preventive

小児歯科

pedodontics