みどり区 左京山歯科・矯正歯科クリニック

歯の豆知識ブログ

MENU

よくある質問、妊娠期、乳幼児、学童期、成人、高齢者

こんにちは、名古屋市緑区の左京山歯科クリニック院長の宮崎です。

今日は患者さんからよく聞かれる質問についてお答えしたいと思います。

妊娠期編

  • 妊娠中の虫歯治療は大丈夫ですか??

安定期であれば、虫歯の治療は可能です。虫歯の治療は局所麻酔を使う場合もありますが、安定期では問題ないとされています。出産してもすぐに歯科医院に行けないこともありますし、虫歯を放置しておく方がよくありませんので母体が安定しているときにしっかりと治療しましょう。

  • 妊娠中のレントゲン撮影について

歯科で使用するレントゲンは線量も少なく、当たっている部位もお顔のみのため、ほとんど影響はないと考えられていますが、気になるようでしたら、出産後の撮影を希望されても良いと思います。ただし歯科治療の内容によってはどうしてもレントゲン撮影が必要になる場合もありますのでしっかりと歯科医師と相談して下さい。

歯科のレントゲンの被曝線量は1年間に日常生活で浴びる放射線(ほとんどは太陽からでこれを自然被ばくと言います)よりも少ないとされていますので必要以上にレントゲンを撮影しなければ特に問題はありません。

  • つわりで気持ち悪いときの歯磨きについて

歯磨き粉などの味、触感によるものの場合は歯磨き粉を変更してみてもいいかもしれません。本当に難しい場合は食事後にゆすいでいただくと良いと思います。つわりになると食生活も不規則になったり間食が多くなったりするので虫歯になりやすくなります。歯磨きを全くしないのはよくありませんので色々工夫して行って下さい。どうしても歯磨きが難しい場合は歯科医院で相談しましょう。

乳幼児期

  • 仕上げ磨きを嫌がりますがどうすればいいですか??

嫌がっていてやめてしまうと、子供は嫌がればやめてくれると学習してよけいやらせてくれなくなってしまいます。嫌がっても時間をきめて行いましょう。ある程度大きいお子さんでは一緒に歯磨きなどして楽しみながら行うと少しずつ興味を持ってくれると思います。

  • 指しゃぶりはダメですか?

歯が生える前は指しゃぶりをしても問題ありません。しかし歯が生えてからもずっと指しゃぶりをしていると上顎前突と言って出っ歯になってしまいます。指しゃぶりは癖になってからやめさせるのは非常に難しいので癖になる前に指しゃぶりをしていたらやめさせましょう。1歳半健診で指しゃぶりを指摘されたり上顎前突にチェックが入ったら本格的にやめさせた方がいいと思います。

フッ化物塗布の効果について教えて下さい

フッ素により歯を強くすることができます。生えたばかりの乳歯や大人の歯は柔らかく虫歯にもなりやすいため、フッ素を積極的に使用しましょう。

学童期

  • 学校検診で歯肉炎と言われましたがどうすればいいですか?

歯磨きがしっかりできていないと歯茎が炎症をおこし、歯肉炎となります。大きくなってくるとお子さんだけの歯磨きで終わってしまいがちですが、夜は親御さんが仕上げ磨きをしてあげましょう。また、歯医者さんでお子さんの歯磨き指導を受けると上達してくると思います。

  • 学校検診で不正咬合と言われましたがどうすればいいですか??

不正咬合があることで、ご飯が食べられないといったことは起こりませんが、歯並びが悪いことで歯磨きがしにくく、虫歯になりやすい、見た目が気になるといったことが起こりえます。成長期に矯正治療を行うと、骨の成長を利用した治療を行えるケースもありますので気になる場合は歯医者さんで相談してください。

  • 何歳まで仕上げ磨きは必要ですか?

小学生低学年まではまだ自分では磨けないので磨いてあげるといいと思います。自分でしっかり磨けるまではやってあげましょう。仕上げ磨きをしなくなったら3ヶ月に1回は歯科医院で検診を兼ねてしっかりと歯磨きができているか診てもらった方がいいと思います。その際に磨き残しが多かったら歯磨き指導を受けましょう。

成人、高齢者

  • 歯周病は治りますか?

歯周病で歯を支えている骨が一度吸収してしまうと回復することはありません。ただ、現状を維持することはできますので、歯周病と診断を受けたら歯科医院にしっかりと通って歯周病治療を受けて定期的に通ういましょう。

  • 口が乾きますどうすればいいですか??

つばをだす唾液腺を刺激してあげる唾液腺マッサージや、最近だと保湿のためのジェルなどありますので活用しましょう。

  • 口臭があるとしてきされましたどうすればいいですか??

歯周病や虫歯の放置、口呼吸が原因かもしれませんので歯科医院でしっかりと検診を受けましょう。

また口臭も実際はなくてもあると思い込んでしまうと必要以上に気になって自分は口臭があると思い込んでしまう場合もあります。これを心理的口臭と言います。まずは信頼できるパートナーや友人に恥ずかしいかもしれませんが実際に口臭があるか聞いてみましょう。口臭があると指摘されたら歯科医院を受診しましょう。

朝起きた際はだれでも日中よりも口臭があるのが普通です。寝ているときは口の中が乾燥しやすく細菌が繁殖しやすいのでこれは仕方ありません。朝起きたときではなく日中に口臭については聞いてみた方がいいでしょう。

監修者情報

監修者情報

名古屋市緑区のみどり区 左京山歯科・矯正歯科クリニックで院長を務める宮崎裕基です。当院は歯の機能の改善と口元の美しさを両立させる審美治療を中心に、お口全体の健康を包括的に守るフルマウス治療を推奨しています。いつも患者さんに精度の高い安心の治療をご提供できるように、常に技術の向上に努めています。そのためにも、歯科用CTなど新しい設備の導入は欠かせません。
私たちはカウンセリングを大切にし、そこで患者さんの本当のご要望を引き出すことが「ご満足いただける治療」につながると考えています。お口のお悩みがありましたら、まずはお気軽にご相談ください。

歯科医師 採用情報

最新技術で輝く白い歯に CEREC

コラム カテゴリ一覧
Q&A
インプラント治療
お知らせ
入れ歯
医院のお知らせ
外科
審美治療
小児歯科
根管治療
歯の豆知識
歯並び、矯正
歯周病
歯科用語
虫歯予防
院長日記

審美治療メニュー

審美治療

審美治療

esthetic

ホワイトニング

ホワイトニング

whitening

矯正歯科

矯正歯科

orthodontist

インプラント

インプラント

implant

その他の歯科メニュー

虫歯治療

a bad tooth

歯周病治療

periodontal

咬み合わせ治療

orthodontics

入れ歯

dentures

予防治療

preventive

小児歯科

pedodontics