名古屋市緑区の医療法人SKY 左京山歯科クリニックの歯の豆知識ブログです。

歯の豆知識ブログ

歯の豆知識ブログ

MENU

大きないびきで悩んでいませんか??

 

自分のイビキで目が覚めたことがある、ご家族からイビキがうるさいと言われた。こんな経験をされた方は少なくないのではないでしょうか?

自分では気付いていなくても、ご家族から、途切れがちに続く大きなイビキや、睡眠中に息が止まっていると指摘された場合には、睡眠時無呼吸という病気の可能性があり注意が必要です。

睡眠時無呼吸とは、睡眠中に気道が圧迫され空気が通るスペースがなくなり、大きなイビキをかいたり、呼吸が止まってしまう状態であり、何度も夜間に目が覚めたり、深い睡眠が得られないため日中に眠気が残ったりする症状を伴います。また、このように睡眠が不良な状態が続くと、高血圧や糖尿病などの生活習慣病、不整脈や心筋梗塞などの合併症を引き起こすこと、居眠り運転による交通事故の原因となることなどが知られており、早めの診断と治療が望まれます。

この睡眠時無呼吸は、イビキや眠気の自覚がある方が、内科や耳鼻咽喉科など医科を受診され、睡眠中の呼吸状態や血液中の酸素濃度を計測する睡眠検査を行うことで診断されます。重症な場合には、医科でCPAPという機械で圧力をかけた空気を気道に送りこむ治療が必要となりますが、軽症の方は医科から歯科へ転院し、歯科において口腔内装置(マウスピース)治療が行われます。

気道が圧迫されて睡眠時無呼吸が発生する原因には、肥満により首の周りの脂肪が多いこととともに、顎が小さいことも大きく影響します。顎とくに下顎が小さい場合には、下顎が後方に位置することにより舌が後方へ圧迫されて気道が狭くなります。歯科では、この点を改善するために、下顎を前方に保つマウスピースを作製し睡眠時に装着することにより、気道の圧迫を緩和し、狭くなった気道を拡大することでイビキや無呼吸の発生を予防する口腔内装置治療を行うことができます。

この治療はイビキや睡眠無呼吸に対して有効な治療ですが、長期使用にあたり虫歯や歯周病へ適切な継続的管理を行いながら、マウスピース装着による歯や顎に対する負担へ対応することが必要です。名古屋市緑区の左京山歯科クリニックでは、地域の医科医療機関と連携し、睡眠検査にて睡眠時無呼吸と診断された患者さんに対して口腔内装置治療を行うとともに、イビキや無呼吸でお困りの方を睡眠検査が行える施設へご紹介させていただくことも可能です。 イビキや睡眠時無呼吸で悩んでいる方は、一度、ご相談してみてください。

歯科医師 採用情報

最新技術で輝く白い歯に CEREC

コラム カテゴリ一覧
院長日記
歯の豆知識
インプラント治療
虫歯予防
医院のお知らせ
審美治療
入れ歯
歯並び、矯正
根管治療
歯周病
外科
Q&A
歯科用語

審美治療メニュー

審美治療

審美治療

esthetic

ホワイトニング

ホワイトニング

whitening

矯正歯科

矯正歯科

orthodontist

インプラント

インプラント

implant

その他の歯科メニュー

虫歯治療

a bad tooth

歯周病治療

periodontal

咬み合わせ治療

orthodontics

入れ歯

dentures

予防治療

preventive

小児歯科

pedodontics