名古屋市緑区の医療法人SKY 左京山歯科クリニックの精密な検査・診断についてご紹介します。

歯の豆知識ブログ

MENU

妊娠すると歯茎から出血しやすくなるその理由とは??

妊娠すると歯茎から出血しやすくなるその理由とは??

妊娠すると妊産婦検診が歯科でもありますよね??なんで妊娠すると歯科医院で検診があるのでしょうか??一見するとあまり出産と歯科は関係ないように思いますが大いに関係があるのです。

 

 

 

1:妊娠すると歯茎が腫れやすくなる。

実は妊娠すると女性ホルモンが増加します。お口の中には女性ホルモンを餌にする細菌がいるために妊娠性歯肉炎と言って歯茎が腫れやすくなります。また妊娠するとつわりなどで気持ちが悪くなる場合も多く歯ブラシを入れるのが難しくなる人もいます。そのため歯ブラシがおろそかになり歯茎が腫れやすくなり歯茎から出血するのです。

2:妊娠すると虫歯が増加することもある。

つわりなどで気持ちが悪くなり食生活が乱れます。小分けにして食事をとることも増えるといいます。すると常に間食をしていることになり口の中が酸性に傾きやすくなり虫歯になりやすくなります。酸っぱいものを好むことも多くなり酸っぱいものを多くとることも虫歯の増加につながります。

妊娠時に喫煙や飲酒をする人はほとんどいませんよね?喫煙や飲酒は赤ちゃんによくありません。飲酒は早産のリスクとなり通常の3倍のリスク増と言われています。しかし実は歯肉炎や歯周病などの歯茎の疾患は早産のリスクは7倍と言われています。実は口腔内の環境が悪く慢性の歯周炎にかかるとそのリスクは飲酒の倍以上なのです。

たかが歯磨き、ちょっとしなくてもいいかな。歯茎から血が出るけどまあいっかというのは飲酒以上のことをしているのです。妊娠すると歯科でも検診があるのはそう言った口腔内環境を整えて安心して出産に臨むためにあるのです。

産後検診は出産後忙しくてなかなか自分の口の中まで関心がなく虫歯や歯周病を悪化させないために産後のチェックがあります。お母さんの口腔内に虫歯などが多いと歯が生えてきて子供に垂直感染と言って虫歯菌を移してしまいます。だいたい3歳までに子供の口の中の細菌群は決まると言われています。できるだけ子供が虫歯になりにくくするためには虫歯の原因菌のミュータンス菌を親からあげないようにしないといけません。

できるだけ親が使った箸やコップを使わないことは大事ですが完全には無理だと思いまうす。僕自身もどうしても自分の使った箸などであげちゃうことはあります。大事なのは親から子供に虫歯菌が移るということを理解してお母さんやお父さんが自分の口の中の虫歯を放置しない、きちんと綺麗に保つことだと思います。

口は人体の内部に繋がる入り口の器官です。入り口が汚れていればいいことはありません。大事な生まれてくる赤ちゃんのためにもきちんと口の中をケアして出産に臨みましょう。

監修者情報

監修者情報

名古屋市緑区の医療法人SKY 左京山歯科クリニックで院長を務める宮崎裕基です。当院は歯の機能の改善と口元の美しさを両立させる審美治療を中心に、お口全体の健康を包括的に守るフルマウス治療を推奨しています。いつも患者さんに精度の高い安心の治療をご提供できるように、常に技術の向上に努めています。そのためにも、歯科用CTなど新しい設備の導入は欠かせません。
私たちはカウンセリングを大切にし、そこで患者さんの本当のご要望を引き出すことが「ご満足いただける治療」につながると考えています。お口のお悩みがありましたら、まずはお気軽にご相談ください。

歯科医師 採用情報

最新技術で輝く白い歯に CEREC

コラム カテゴリ一覧
Q&A
インプラント治療
お知らせ
入れ歯
医院のお知らせ
外科
審美治療
小児歯科
根管治療
歯の豆知識
歯並び、矯正
歯周病
歯科用語
虫歯予防
院長日記

審美治療メニュー

審美治療

審美治療

esthetic

ホワイトニング

ホワイトニング

whitening

矯正歯科

矯正歯科

orthodontist

インプラント

インプラント

implant

その他の歯科メニュー

虫歯治療

a bad tooth

歯周病治療

periodontal

咬み合わせ治療

orthodontics

入れ歯

dentures

予防治療

preventive

小児歯科

pedodontics