名古屋市緑区の医療法人SKY 左京山歯科クリニックの精密な検査・診断についてご紹介します。

歯の豆知識ブログ

MENU

インプラント治療で使うサージカルガイドとは??

インプラント治療で使うサージカルガイドとは??

こんにちは、名古屋市緑区の左京山歯科クリニックの院長の宮崎です。

サージカルガイドってご存知ですか??近年このサージカルガイドを用いたインプラントの1次手術が増えてきています。左京山歯科クリニックでも約半分の症例はサージカルガイドを用いて手術をしています。今回はこのサージカルガイドについてできるだけ分かりやすく説明したいと思います。

 

そもそもサージカルガイドって何??

サージカルとは外科、ガイドとは誘導という意味、つまり外科の誘導と言う意味になり、一般的にはインプラントの1次手術の時に術前に診断用ワックスアップとCTによって設計された方向、位置に正確にインプラントを埋入するための外科用の装置のことを言います。

昔は骨の量の多い部分にインプラントを入れていましたがそれでは歯を入れた時に無理が生じることも多く、現在は術前に適切な歯の位置を決めてそこからインプラントの設計をします。これをトップダウントリートメントといい逆算してインプラントを設計していきます。

そして設計したコンピュータ上で設計したインプラントの位置や方向をそのまま手術に移行するための道具がサージカルガイドです。

サージカルガイドを用いることで術前の設計通りのインプラントの埋入が実現できます。サージカルガイドを使わないとどうしてもブレや誤差がでるため理想の埋入がなかなかできません。特に口の中は空間が狭いのでその狭い領域で手術をすることになると方向が規制されて思わぬ方向にインプラントが入ったりします。それを防ぐのもこのサージカルガイドの役割です。

 

サージカルガイドを用いるメリットとは?

シュミレーション通りの位置にインプラントを入れることができる。

サージカルガイドの最大のメリットは複数本のインプラントの埋入を行う場合やこの位置にしかインプラントが入れることができないなどのシビアな難しい症例ほど威力を発揮します。

複数本のインプラントを入れる場合だとどうしても角度をうまく合わせないといけません。3本のインプラントを入れたはいいけど全部方向が明後日の方向を向いていたらかぶせ物を作る時にどうなるでしょうか?? めちゃめちゃ無理をしないとかぶせ物が入りません。理想的には3本のインプラントが全て並行でなおかつ歯の中心にインプラントがあれば申し分ありません。しかしそれをサージカルガイドなしのフリーハンドのオペでやるのは非常に難しいです。どんなに上手な先生でも3本を平行に入れるのは無理だと思います。

また下歯槽神経までの距離が近かったり骨の薄い部分にインプラントを入れるなどミリ単位の誤差が許されない場合などもサージカルガイドが有効になります。ガイドがあれば術前に設計した部分にインプラントを入れることは設計さえ間違えなければ問題ありませんが、ガイドがなければフリーハンドでミリ単位のコントロールはまさにゴッドハンドの領域です。しかしこのサージカルガイドがあれば誰でもゴッドハンドに近いオペを行うことができるのです。

 

手術の時間短縮ができる。

サージカルガイドを用いることで手術時間の短縮ができます。術中に考えることがなくガイドを信じてオペをするだけなので難しいオペになればなるほど時間短縮がはかれます。手術の時間が短いということは患者さんの負担も軽くなりますし術後の腫れや痛みも軽減できます。

 

サージカルガイドのデメリット

デメリットはサージカルガイドを作成する際に費用がかかるということです。これは患者さんに負担をしていただかなければいけませんのでデメリットと言えるでしょう。名古屋市緑区の左京山歯科クリニックではサージカルガイドの費用は54000円で設定しています。これを高いと思うか安いと思うかは患者さんの考えもありますが、安心安全で正確なオペを短時間にできると考えて下さい。

僕自身や身内がインプラントのオペをするのであれば100%サージカルガイドを使うと思います。やはりインプラントの難しさもわかってますのでなるべく正確な埋入を行いたいのでサージカルガイドを使うでしょう。

患者さんにもどうしてもサージカルガイドが必要な場合は費用はかかるがどうしても必要なので費用負担をお願いしますとしっかりと説明します。

もう一つのデメリットはサージカルガイドを用いると普通のオペに比べて口を大きく開けなければいけません。前歯だと大丈夫ですが奥歯になればなるほどかなり大きく口を開けるので口が大きく開けることのできない方はサージカルガイドを使用することができません。

 

まとめ

数年前に比べて今のサージカルガイドはものすごく進化してきました。現在は光学スキャンやCAD/CAMなどデジタルテクノロジーがものすごく発達しています。そのため今後もこのサージカルガイドの精度は飛躍的に上がっていくでしょう。インプラント治療もこのサージカルガイドを用いることで難しい症例に対しては恩恵がたくさんあります。自分のインプラント治療がどのようなものなのか、サージカルガイドが必要かどうかを担当歯科医師ときちんと相談して費用が高いから安易に断るのでなくきちんと考えてから決めましょう。

サージカルガイドはなしでもオペはできますがあったほうがより安心安全で正確なオペが短時間で受けることができます。きちんと自分の治療に対してサージカルガイドが必要かを考えていきましょう。

監修者情報

監修者情報

名古屋市緑区の医療法人SKY 左京山歯科クリニックで院長を務める宮崎裕基です。当院は歯の機能の改善と口元の美しさを両立させる審美治療を中心に、お口全体の健康を包括的に守るフルマウス治療を推奨しています。いつも患者さんに精度の高い安心の治療をご提供できるように、常に技術の向上に努めています。そのためにも、歯科用CTなど新しい設備の導入は欠かせません。
私たちはカウンセリングを大切にし、そこで患者さんの本当のご要望を引き出すことが「ご満足いただける治療」につながると考えています。お口のお悩みがありましたら、まずはお気軽にご相談ください。

歯科医師 採用情報

最新技術で輝く白い歯に CEREC

コラム カテゴリ一覧
Q&A
インプラント治療
お知らせ
入れ歯
医院のお知らせ
外科
審美治療
小児歯科
根管治療
歯の豆知識
歯並び、矯正
歯周病
歯科用語
虫歯予防
院長日記

審美治療メニュー

審美治療

審美治療

esthetic

ホワイトニング

ホワイトニング

whitening

矯正歯科

矯正歯科

orthodontist

インプラント

インプラント

implant

その他の歯科メニュー

虫歯治療

a bad tooth

歯周病治療

periodontal

咬み合わせ治療

orthodontics

入れ歯

dentures

予防治療

preventive

小児歯科

pedodontics