名古屋市緑区の医療法人SKY 左京山歯科クリニックの歯の豆知識ブログです。

歯の豆知識ブログ

歯の豆知識ブログ

MENU

インレーブリッジとは?

こんにちは、名古屋市緑区の医療法人SKY左京山歯科クリニック院長の宮崎です。

皆さんブリッジ治療はご存じですか??ブリッジ治療とは中間の歯のない部分を両サイドの歯のかぶせ物で橋のようにつなぐ歯の欠損を補う治療方法をいいます。通常は両サイドの歯をかぶせ物を入れるために全周削っていきます。 しっかりと麻酔をしてなるべく歯髄を取らないように慎重に削って行くのです。

そのためブリッジ治療の欠点としてあげられるのが健康な歯であっても削らなければいけないという点です。どうして歯を削るのが良くないかというと、歯というのは一度削ってしまうと二度と元に戻すことはできません。また削ってかぶせ物にすると次にむし歯になったときにはほとんどが抜髄と言って神経を取る治療になります。そして神経を取ってしまうとむし歯になっても痛みを感じないのでむし歯が大きくなってしまう、また神経を取った歯はもろくなるので折れやすいなどの影響があり健康な歯を削ってしまうことで歯の寿命が短くなってしまうのです。

あまり歯を削りたくないという事で今回のタイトルでもある「インレーブリッジ」という治療を行う先生もいます。そもそもインレーとは何のことなのでしょうか??

インレーとは?

インレーとは部分的な修復物のことを言います。歯の咬頭という部分を覆わない比較的小さい金属などの修復物のことです。皆さんのお口の中に入っている銀歯でない小さい部分的な銀の詰め物がインレーですね。

インレーブリッジとは??

先ほど説明したようにブリッジという治療はかぶせ物でつなぐ物をいいます。しかし歯を削りたくないと言うことで小さい修復物のインレーを両サイドの歯に入れてつなぐブリッジで治療することをインレーブリッジと言います。

通常のブリッジに比べて歯を削らないから凄くいい治療と思われるかもしれませんが実は大きな間違いです。このインレーブリッジはほとんどの場合に大きな問題を引き起こします。名古屋市緑区の左京山歯科クリニックに来られたインレーブリッジの患者さんのほとんどが問題を抱えていました。またインレーブリッジが入っていて長期間もっている症例はほとんどありません。全くと言っていいほど見たことがないのです。 話がそれますが歯科医師の中で高齢者の方の八重歯と高齢者の方のインレーブリッジは見たことないあるあるの一つです。 いったい何が問題なのでしょうか??

インレーブリッジの問題点

ブリッジは歯を1本失った場合に2本の歯で3本分の力を支えます。つまり今まで3人で仕事をしていたのが1人抜けて2人で仕事するような物です。残った2人は大変ですよね。ブリッジも同じなのです。特に第一大臼歯と言って前から6番目の歯は1番力がかかります。この歯がなくなってブリッジをする場合にインレーブリッジでは咬む力に耐えられないのです。少しずつブリッジがたわんできます。するとどうなるでしょうか?咬む力によってだんだんとブリッジをつけていたセメントが壊されて隙間が空いてきて虫歯になってしまうのです。 私が今まで見てきた多くのインレーブリッジはほとんどが2次カリエスと言ってブリッジの下でむし歯ができて痛みなどが伴いやむを得ず、ブリッジをはずして虫歯の処置をしたり、神経を取る抜ずいと言った処置をしたりしました。

インレーブリッジの一番の問題点は強い咬合力に耐えきれずにブリッジがたわんで中で虫歯ができてしまうことが問題なのです。

接着ブリッジとは違うの??

接着ブリッジとインレーブリッジは全然違います。接着ブリッジは歯をあまり削らないというコンセプトは似てますが実は全く違います。接着ブリッジはセラミックを用いて適切な形成をして接着性レジンセメントという特殊なセメントを用いて歯と一体化させるブリッジです。そのため保険治療の金属を用いるインレーブリッジとは全く違う治療なのです。

まとめ

歯の欠損治療のブリッジ治療は確かに歯を削ると言うのは患者さんにとって嫌なことでしょう。歯科医師もできるだけ歯をあまり削らないで治療できたらそれに越したことはないと思っています。しかし治療には適切な歯の形成料があります。極端に歯を削る量が少ないと一時は持ったとしても長期に渡っては無理が生じてくるのです。

家を作る際にも柱が邪魔だからといって適切な設計の柱を無くしていったら家の強度はどうでしょうか。少し住むくらいなら大丈夫でしょうが長く住んでいたら問題が出てくるでしょう。それと全く同じです。

ブリッジ治療をする際には中途半端に削ると言うことが一番良くない結果になる場合もあります。削る治療が嫌ということであれば接着ブリッジやインプラント治療を考えないといけません。ただしこういった治療は自費診療になるので費用もかかります。歯を削っていく対価とみるかきちんと相談をしてご自身の治療を考えましょう。あまり削らなくて長期に持って保険で安い治療はあまりないということをご理解下さい。

歯科医師 採用情報

最新技術で輝く白い歯に CEREC

コラム カテゴリ一覧
院長日記
歯の豆知識
インプラント治療
虫歯予防
医院のお知らせ
審美治療
入れ歯
歯並び、矯正
根管治療
歯周病
外科
Q&A
歯科用語

審美治療メニュー

審美治療

審美治療

esthetic

ホワイトニング

ホワイトニング

whitening

矯正歯科

矯正歯科

orthodontist

インプラント

インプラント

implant

その他の歯科メニュー

虫歯治療

a bad tooth

歯周病治療

periodontal

咬み合わせ治療

orthodontics

入れ歯

dentures

予防治療

preventive

小児歯科

pedodontics