名古屋市緑区の左京山歯科クリニックの歯の豆知識ブログです。

歯の豆知識ブログ

歯の豆知識ブログ

MENU

歯と歯の虫歯はほぼクラックからくる虫歯?!

こんにちは!左京山歯科クリニックの歯科医師の中村です。
9月になり高く空気が澄んだ空に、澄みきった心で一日をスタートできる好季節。
夏のお疲れは出ていらっしゃいませんか?残暑はまだまだ続きますが頑張っていきましょう。

 

ところで、歯と歯の虫歯の原因は何だと思いますか?

歯と歯の間の磨き残し?!と思われている方が大半だと思います。

それも完全な間違いではありませんが、根本の原因は“マイクロクラック“なんです。

そこにプラークという細菌や食べ残しが詰まることによって歯と歯のカリエスは進行していくものになります。

クラックとは以前ブログでお伝えした“歯のひび割れ”になります。

 

では、そもそもクラックは何が原因によってできるのでしょうか?

食事をとる時に歯と歯が当たり起きる事が原因ではないです。大きな原因は寝ている時、集中している時、ゴルフなどのスポーツをしている時による“歯ぎしり、食いしばり、タッピング”が原因によりクラックが生じてきます。

 

しかし、日中は意識することによって治せますが、寝ている時は時どうしましょう?

 

寝ている際には浅い眠りのときに起こるとされています。人間は深い眠り(ノンレム睡眠)と浅い眠り(レム睡眠)を繰り返します。そして眠りが浅くなると筋肉の抑制が解け、咬筋が動き、歯ぎしりが起こると考えています。また、睡眠時無呼吸症候群の方も眠りが浅く歯ぎしりをする方が多いといわれています。その際には“マウスピース”を付けることによって歯と歯の直接の接触を防ぎ、又、顎関節の炎症、咬筋や側頭筋の筋肉痛も防ぎます。

 

朝起きた際に顎が疲れていたり、顎の周りの筋肉に痛みがあったり、口を開ける際に音が鳴るなら要注意です。

 

患者さんの多くは歯ぎしり食いしばりをしていることに気が付いていない事がおおくなります。今回お話ししたクラックは、大きさや場所症状によって、今すぐマウスピース治療が必要なのか、経過観察をするべきなのか、治療方針も患者様により変わってきます。しかし、一度傷ついてしまった歯は自然に治ることはありません。経過観察をする場合でも、将来的にベストなタイミングで治療が出来るように、定期的な検診を忘れず一緒にお口の健康を守っていきましょう。

歯科医師 採用情報

最新技術で輝く白い歯に CEREC

コラム カテゴリ一覧
院長日記
歯の豆知識
インプラント治療
虫歯予防
医院のお知らせ
審美治療
入れ歯
歯並び、矯正
根管治療
歯周病
外科
Q&A
スタッフブログ
歯科用語
研修会&セミナーレポート

審美歯科メニュー

審美歯科

審美歯科

esthetic

ホワイトニング

ホワイトニング

whitening

矯正歯科

矯正歯科

orthodontist

インプラント

インプラント

implant

その他の歯科メニュー

虫歯治療

a bad tooth

歯周病治療

periodontal

咬み合わせ治療

orthodontics

入れ歯

dentures

予防歯科

preventive

小児歯科

pedodontics