名古屋市緑区の左京山歯科クリニックの歯の豆知識ブログです。

歯の豆知識ブログ

歯の豆知識ブログ

MENU

これも知覚過敏の原因??

突然ですが、皆さんは『TCH』というのを聞いたことがありますか?
全く聞きなれない言葉ですよね。
これは『Tooth Contactinng Habit』(トゥース コンタクティング ハビット)の略語で、日本語では『上下歯列接触癖』と言います。
定義は
『安静時であっても上下の歯が接触している癖』というものなんです。

安静時、つまり食事などをしていない時、上下の歯は1~3㎜位隙間が空いている事が望ましいのですが、これが常にグッとかみしめてしまっていると言うのが『TCH』というものなんです。

例えば テレビを観たり、本を読んだり、そんな何気ない時の上下の歯位置なんて、気にしたことないですよね~

ところが、この安静時の嚙みしめも歯にとってはとても大きな負担となります。
常に歯に力が加わる事で、歯の血管や神経が圧迫され、虫歯や歯周病ではないのに歯がしみたり痛みが出る『知覚過敏』や、物を噛むと痛い『咬合違和感』等の原因となるのです。

パソコン作業などで集中する事が多い仕事の方や、下を向いた姿勢でする仕事の方などは、知らず知らずのうちに かみしめてしまっている方が多いのだそうです。

なので、実は私たち歯科衛生士も 『TCH』の人が多いんです。

お口の中を見てみて下さい。
舌の先や両端にヒダの様な歯の痕や、ほっぺたの内側に白いすじの様な物(圧痕といいます)はありませんか?
これらがある方は『TCH』の可能性があります。

ただ、この『TCH』は、睡眠時の歯ぎしりや食いしばり等無意識時の癖とは違い、起きているときの習癖なので、日常的なトレーニングをする事で、コントロールする事ができます。

是非一度、ご自身の「安静時の歯の位置」を意識してにてはいかがでしょうか。

また、すでに知覚過敏や咬合異常を感じている方や、圧痕が気になる方は歯科医院を受診して、診断を受けられることをおすめします。

歯科医師 採用情報

最新技術で輝く白い歯に CEREC

コラム カテゴリ一覧
院長日記
歯の豆知識
インプラント治療
虫歯予防
医院のお知らせ
審美治療
入れ歯
歯並び、矯正
根管治療
歯周病
外科
Q&A
スタッフブログ
歯科用語
研修会&セミナーレポート

審美歯科メニュー

審美歯科

審美歯科

esthetic

ホワイトニング

ホワイトニング

whitening

矯正歯科

矯正歯科

orthodontist

インプラント

インプラント

implant

その他の歯科メニュー

虫歯治療

a bad tooth

歯周病治療

periodontal

咬み合わせ治療

orthodontics

入れ歯

dentures

予防歯科

preventive

小児歯科

pedodontics