名古屋市緑区の左京山歯科クリニックの歯の豆知識ブログです。

歯の豆知識ブログ

歯の豆知識ブログ

MENU

待ちに待った永久歯!…これって正常?

こんにちは、左京山歯科クリニックアシスタントの黒屋です。

 

誰しもが成長の過程で経験する乳歯から永久歯への生え替わり。

 

自分も経験してきたはずなのに、いざお子さんの口腔内をみてみると、永久歯ってこんな風だったかな?これって正常?と心配される親御さんの声をきくことがあります。

 

 

今回は、永久歯に生え替わった際によくある質問についてお話ししたいと思います。

 

 

“やっと生え替わった永久歯、しっかり磨いてるはずなのに隣の乳歯に比べると黄ばんでる…。ちゃんと磨けてないのかな?”

 

永久歯はこれから何十年と付き合っていく歯です。

そんな大切な歯だからこそ、少しの色の違いも気になりますよね。

でも安心してください。

元々、乳歯と永久歯では色に違いがあり、永久歯の方が黄色っぽく見えるのです。

これは、歯の神経を覆う象牙質が黄色みをおびていることが関係しています

歯の1番外側の部分はエナメル質と呼ばれ、エナメル質の中にある象牙質の厚さにより色味に違いが見られます

乳歯に比べ、永久歯の方が象牙質に厚さがあり、それが透けることにより黄色っぽく感じるのでしょう。

乳歯と永久歯が混在していると、色の違いが目立ち気になるかもしれませんが、永久歯が生え揃っていくにつれ気にならなくなっていきますよ。

 

 

 

“永久歯の先端ってこんなにギザギザしてて大丈夫?”

 

生え替わってすぐの永久歯は、誰でもギザギザしています。

歯を使っていくことで、自然とギザギザがすり減っていき、次第に滑らかな状態になっていきますので心配いりません。

 

ただ、何年経ってもギザギザのままでしたら、その歯は上手く噛み合っていない、使えていない歯かもしれません。

使えていない歯がある場合、その他の歯に負担がかかっていることが予想されます。

多くの歯の寿命を延ばすためにも、歯並びの状況について相談し、小児矯正を検討してみてもいいかもしれませんね。

 

 

 

今回、乳歯との違いも交えて永久歯についてお話しさせていただきましたが、一度生え揃った永久歯にはもう替えはありません。

自分の歯を一本でも多く健康に残していくために、日々の歯磨きや定期検診などのメンテナンスも大切にしていきましょう。

歯科医師 採用情報

最新技術で輝く白い歯に CEREC

コラム カテゴリ一覧
院長日記
歯の豆知識
インプラント治療
虫歯予防
医院のお知らせ
審美治療
入れ歯
歯並び、矯正
根管治療
歯周病
外科
Q&A
スタッフブログ
歯科用語
研修会&セミナーレポート

審美歯科メニュー

審美歯科

審美歯科

esthetic

ホワイトニング

ホワイトニング

whitening

矯正歯科

矯正歯科

orthodontist

インプラント

インプラント

implant

その他の歯科メニュー

虫歯治療

a bad tooth

歯周病治療

periodontal

咬み合わせ治療

orthodontics

入れ歯

dentures

予防歯科

preventive

小児歯科

pedodontics