名古屋市緑区の左京山歯科クリニックの歯の豆知識ブログです。

歯の豆知識ブログ

歯の豆知識ブログ

MENU

歯周病はお腹の中の赤ちゃんにも影響する?

妊娠中は女性ホルモンの増加や、睡眠時間が変わることによって生活リズムの変化や、食事回数の増加、

唾液の減少などにより、歯周病・むし歯になりやすく、進行しやすくなります。

 

歯周病は歯肉が赤くブヨっと腫れ、歯磨きをした時に出血がある歯肉の病気のことを言います。

また、口臭が気になる、口の中がネバネバした感じがある、歯肉がムズムズする、と感じていませんか?

これは歯周病の一つの症状になります。

歯周病はまだまだ認知が低く気づかない方も多いため、進行してしまうことも多いのが現状です。

 

歯周病の怖いところは歯肉だけの病気ではなく、全身疾患とも関連しているのです。

誤嚥性肺炎や糖尿病とも関連があり、妊娠中の場合は、早産や低体重児出産になる可能性が高いと言われています。

妊娠中のお母さんの歯周病菌はお腹の中の赤ちゃんにも影響してしまうのです。

 

自分の口のことだけにとらえず、生まれてくる赤ちゃんのためにも定期的に

歯医者さんで検診・クリーニングをうけて口の中を清潔に保つことが大切になります。

定期検診を受けて早めに歯周病、むし歯の治療をしておくことも大切です。

 

歯周病にならないためには歯磨きが重要ですが、妊娠中はつわりや体調不良で歯磨きが十分にできない時もあると思います。

そんな時は、お水・お茶でうがいをし、キシリトールガムを噛むようにしましょう!

汚れが歯につきにくく、唾液も増えるので歯周病、むし歯予防になります。

また歯ブラシを口にいれると吐き気がある場合は、歯ブラシの毛の量が少なく幅が小さいブラシを使いましょう。

奥歯を磨くときは、ワンポイントブラシ(タフトブラシ)を使って触れる面積を減らすなどして、

工夫してお口を清潔に保つように心掛けましょう!

 

お近くの歯医者さんで歯磨き指導、歯石除去をして口の中を清潔に保ち、歯周病を予防していきましょう!!!

 

歯科医師 採用情報

最新技術で輝く白い歯に CEREC

コラム カテゴリ一覧
院長日記
歯の豆知識
インプラント治療
虫歯予防
医院のお知らせ
審美治療
入れ歯
歯並び、矯正
根管治療
歯周病
外科
Q&A
スタッフブログ
歯科用語
研修会&セミナーレポート

審美歯科メニュー

審美歯科

審美歯科

esthetic

ホワイトニング

ホワイトニング

whitening

矯正歯科

矯正歯科

orthodontist

インプラント

インプラント

implant

その他の歯科メニュー

虫歯治療

a bad tooth

歯周病治療

periodontal

咬み合わせ治療

orthodontics

入れ歯

dentures

予防歯科

preventive

小児歯科

pedodontics