名古屋市緑区の左京山歯科クリニックの院長ブログです。

左京山歯科クリニック 院長ブログ左京山歯科クリニック 院長ブログ

MENU

子供の歯並びの治療に最適なマイオブレースとは!?

こんにちは、名古屋市緑区の左京山歯科クリニックの院長の宮崎です。

昔に比べて子供の虫歯はかなり減ってきましたが歯並びが悪い子は右肩上がりで増加しています。原因は昔に比べて食事が軟食化してきたことだと思います。どうしても柔らかい食事が中心になると顎を使わなくなるので顎が小さくなり歯並びが悪くなってきます。しかし、子供の歯並びが悪くなる原因は食事や遺伝以外にも重要な要因があります。それは、口呼吸や舌癖、指しゃぶりなどの間違った筋機能の習慣です。

通常は母乳やミルクの時期から離乳食そして通常の食事を食べる過程で正しい嚥下の仕方や舌の使い方を獲得しますが、これがうまく獲得できない場合があります。すると正しい筋機能ではなくて間違った筋機能を毎日使うので成長期の子供に顔貌や歯並びに問題が出てくるのです。

正しい筋機能の獲得はどのようにするのでしょうか??これは親から言われるいわゆる躾のことです。ご飯の時は正しい姿勢でよく噛んで食べる。これが大事なのです。今は比較的テレビを見ながら横を向いて食べる子もいます。あまり噛まずに丸のみする子もいるでしょう。昔から言われている正しいご飯の食べ方が歯並びや顔貌にも影響してくるのです。

マイオブレースとはどんな矯正装置??

そこでマイオブレースの登場です。マイオブレースは今までの拡大床やブラケットの治療と違い歯並びが悪くなった原因を取り除く矯正装置です。つまり拡大床やブラケットは歯並びが悪くなった原因は解決せずに歯を並べます。すると歯並びはきれいになりますが原因は残されてる場合が多いので後戻りもありますし、長期的に良い状態を維持するためには保定装置が必要になってくるのです。

しかしマイオブレースは原因を解決する治療法です。舌を正しい位置に持っていき口腔筋も訓練します。正しい飲み込みや呼吸を訓練し歯列弓の形を改善するのです。

もちろんマイオブレースだけで全ての子供の歯並びが改善するわけではありません。将来的にブラケットが必要な場合もあるし固定式の装置が必要な場合も抜歯が必要な場合もあります。しかしマイオブレースを適切な時期からしっかりと装着することで将来の治療の難易度は格段に楽になると思います。

さらにマイオブレースは乳歯の時期からも使用できるし拡大床などの床装置にくらべると装着感や違和感もだいぶ軽減されてます。使用する時間も日中1時間と夜寝てる時に使用するので学校につけていく必要もありません。またクラスプなどの金属の金具が曲がったり折れたりなどもないので安心です。

まとめ

小児の不正咬合の予防や治療には原因からアプローチするマイオブレースは非常に有効な治療法です。私の子供は今のところ歯並びは大丈夫ですがもし少しスペースが足りないなどの歯並びの治療がいる場合はマイオブレースを使用すると思います。小児の不正咬合は様子を見ているとものすごく悪化してしまうケースもあります。様子を見ているうちに抜歯が必要になったり最悪、骨を切る手術をしなくてはいけなくなっては元も子もありません。まだひどくなる前にしっかりとマイオブレースなどの装置を使って不正咬合を防止しましょう。

急募 求人募集 サロンみたいな雰囲気の歯科医院です。駅も近くて通いやすいです。

最新技術で輝く白い歯に CEREC

コラム カテゴリ一覧
院長日記
医院のお知らせ
スタッフブログ
虫歯予防
審美治療
歯並び、矯正
根管治療
歯周病
インプラント治療
外科
Q&A
研修会&セミナーレポート
入れ歯
歯科用語

審美歯科メニュー

審美歯科

審美歯科

esthetic

ホワイトニング

ホワイトニング

whitening

矯正歯科

矯正歯科

orthodontist

インプラント

インプラント

implant

その他の歯科メニュー

虫歯治療

a bad tooth

歯周病治療

periodontal

咬み合わせ治療

orthodontics

入れ歯

dentures

予防歯科

preventive

小児歯科

pedodontics