名古屋市緑区の医療法人SKY 左京山歯科クリニックの歯の豆知識ブログです。

歯の豆知識ブログ

歯の豆知識ブログ

MENU

かぶせ物を入れている歯茎が下がって黒ずんでいるのですが治し方はありますか??

かぶせ物の歯茎が下がってしまって気になる場合の対応ですが基本的にはかぶせ物のやり変えが必要になります。

その部分だけ詰め物で詰めたとしても審美的に綺麗にできませんし、清掃性も悪くなりますし何よりすぐに詰めたものが取れてしまうでしょう。

1.歯茎が下がってしまう原因

1-1歯周病

歯周病とは歯を支えている歯槽骨が吸収して下がってしまう病気です。歯茎は歯槽骨の形と相似形の形となるために、骨が吸収して低くなると歯茎も下がります。

1-2機械的刺激

ブラッシングの圧が強すぎたり歯ぎしりなどの機械的刺激が強いと歯茎が下がることがあります。特に日本人の女性の歯茎は世界で1番薄いと言われています。薄い歯茎は刺激に弱く反応がいいので歯茎が下がることも多いのです。歯ブラシもあまりゴシゴシ強くやりすぎると歯茎にとっては悪影響もあります。なんでもそうですが適度な力が大事になります。

2.かぶせ物をやり変える際に考えること

2−1金属を使わないオールセラミッククラウンを検討する

金属を使用するメタルボンドは歯茎が下がってきた時にどうしても裏打ちの金属が露出するため黒っぽくなり目立ちます。

オールセラミッククラウンの場合は歯茎が下がってきたとしても金属を使用していないためメタルボンドほどは目立ちません。ですので審美的に長くもたしたい場合はオールセラミッククラウンを選ぶべきでしょう。

2−2歯茎の縁下0.5~1ミリにマージンを持ってくる

これは歯科医師側の技術の問題です。歯茎が下がってこないように、そしてプラークが付きにくいように歯茎よりも少し下にかぶせ物の境目を持ってくるのが大事になります。そのためには歯肉圧排と言って特殊な糸を歯茎に入れて型取りを行います。ですのできちんと歯肉圧排を行う歯科医院で治療を行いましょう。

まとめ

どんなにいい治療を受けたとしても長い年月持たせるためには努力はいります。歯科医院で3〜4ヶ月のメンテナンスを行い問題がないかを見てもらうのが大切です。せっかくのお金を払っていい治療をしたのですからなるべく長期間いい状態が保てれるようにメンテナンスをしっかりと歯科医院で受けましょう。

歯科医師 採用情報

最新技術で輝く白い歯に CEREC

コラム カテゴリ一覧
院長日記
歯の豆知識
インプラント治療
虫歯予防
医院のお知らせ
審美治療
入れ歯
歯並び、矯正
根管治療
歯周病
外科
Q&A
スタッフブログ
歯科用語
研修会&セミナーレポート

審美治療メニュー

審美治療

審美治療

esthetic

ホワイトニング

ホワイトニング

whitening

矯正歯科

矯正歯科

orthodontist

インプラント

インプラント

implant

その他の歯科メニュー

虫歯治療

a bad tooth

歯周病治療

periodontal

咬み合わせ治療

orthodontics

入れ歯

dentures

予防治療

preventive

小児歯科

pedodontics