名古屋市緑区の左京山歯科クリニックの院長ブログです。

左京山歯科クリニック 院長ブログ左京山歯科クリニック 院長ブログ

MENU

くわえ歯ブラシに要注意!

こんにちは、名古屋市緑区の左京山歯科クリニックの院長の宮崎です。

 

くわえタバコは危ないことはご存知だと思いますが、くわえ歯ブラシもめちゃくちゃ危険だって知ってますか??小さいお子さんをお持ちの親御さんはぜひ気をつけてくださいね。

 

なぜくわえ歯ブラシは危険か?

 

歯ブラシを加えたまま歩いて転んだりするとどうなると思いますか??最悪喉に歯ブラシが突き刺さったりして大事故につながります。子供ってよく転んだりしますよね??以前にもアイスの棒か割り箸をくわえたまま転んで子供がなくなった事故もあったと思います。

 

歯ブラシだから尖ってないし大丈夫だよね?と思いの方。実は歯ブラシもくわえたままだと凶器に変わります。国民生活センターでも注意を呼びかけているんですよ。ご存知でしたか??

http://www.kokusen.go.jp/news/data/n-20170215_1.html

 

左京山歯科クリニックでも…

先日小児科から電話がかかってきました。6歳の子供が頬が腫れたから診てほしいとのこと。急患で早速診察してみると、なんと歯ブラシをくわえていてボールが当たって歯ブラシが頬の内側に刺さって腫れた。しかも4日経ってるが腫れが治まらず膿も出てくるということで小児科から口腔外科のある歯科ということで左京山歯科クリニックに紹介されました。

 

その日は抗生剤をだして次の日に左京山歯科クリニックの非常勤の口腔外科の専門の古橋先生に診てもらいました。すると歯ブラシが頬の頬筋を貫いて挫滅させあと少しで頬を貫通寸前だったのです。ぞ〜っとしますよね。その日は麻酔をして中をしっかりと洗浄しました。膿が溜まっているのでしっかりと洗浄することで嫌気性菌を排除します。

 

小児科やお医者さんはよほどのことがない限り口の中はわからない場合が多いと思います。耳鼻咽喉科など喉の手術経験がある医師の方などは口の中も手が出せると思いますがほとんどは歯科医師が診ます。お口の中の怪我の場合は歯科医院に事前に電話して対応可能か聞いてくださいね。

 

まとめ

口に何かくわえてというのは非常に危ない場合があります。凶器をくわえて歩いてるのと同じと思ってください。私も3人子供がいますが歯ブラシ中に歯ブラシをくわえて走り回ったりすることがあり危ないと思うことが多々あります。小さい子の歯磨きは親がしっかりと見守って座って行い、仕上げ磨きも膝の上に仰向けにさせたりし安全な状態で行いましょう。歯ブラシが命を奪ったり凶器に変わるのはとても怖いことですし歯科医師としてもとても悲しいですからね。

急募 求人募集 サロンみたいな雰囲気の歯科医院です。駅も近くて通いやすいです。

最新技術で輝く白い歯に CEREC

コラム カテゴリ一覧
院長日記
医院のお知らせ
スタッフブログ
虫歯予防
審美治療
歯並び、矯正
根管治療
歯周病
インプラント治療
外科
Q&A
研修会&セミナーレポート
入れ歯
歯科用語

審美歯科メニュー

審美歯科

審美歯科

esthetic

ホワイトニング

ホワイトニング

whitening

矯正歯科

矯正歯科

orthodontist

インプラント

インプラント

implant

その他の歯科メニュー

虫歯治療

a bad tooth

歯周病治療

periodontal

咬み合わせ治療

orthodontics

入れ歯

dentures

予防歯科

preventive

小児歯科

pedodontics