名古屋市緑区の医療法人SKY 左京山歯科クリニックの歯の豆知識ブログです。

歯の豆知識ブログ

歯の豆知識ブログ

MENU

H29.7.30 前歯がきれいになって嬉しい!

こんにちは、名古屋市緑区の左京山歯科クリニックの院長の宮崎です。

 

前歯が虫歯で穴があいていたりすると格好悪くて嫌ですよね。大人の人でも前歯が綺麗になると嬉しいものです。でも子供も嬉しいみたいです。

 

5歳の女の子の患者さんがいました。幼稚園の年中さんくらいで僕の子供が3歳で今年年少だからほぼ近い歳でなかなか可愛い子です。

 

でもその子はもっと小さい時に前歯が虫歯になって奥歯も虫歯があってまだ2歳とかだった時は治療ができないのでサホライドという進行どめの薬を塗りました。

 

このサホライド、虫歯の進行を抑えることができますが虫歯の部分が真っ黒になるんですね。だから使うと歯が真っ黒になったって言って嫌がるお母さんも多いので最近はあまり使いません。でもまだ虫歯の治療ができない3歳以下の子には効果絶大なんです。

 

この子にもサホライドを塗って経過を見ていました。5歳になり治療もできるようになってきたので本格的な治療再開。結構サホライドの効果があったのか思ったよりも進行してなくて麻酔なしでほとんどの歯を治療できました。奥歯が終わって、最後に前歯の治療に取り掛かりました。

 

前歯が綺麗になって今まではお世辞にもあまり綺麗でなかった前歯が綺麗になりました。その子は嬉しくなって幼稚園でみんなに自慢したそうです。本当に嬉しかったみたいでお母さんがみんなに歯を見せてたそうです。それを聞いて僕は本当に嬉しくなりましたね。

 

子供ながら歯が綺麗になって嬉しくなるんだと変に感心したのと同時に歯医者として本当に嬉しい瞬間です。僕がダイレクトボンディングといって前歯の隙間を埋める治療が好きな理由もやった直後に患者さんが驚いて嬉しくなってくれるのが分かるからなんです。鏡を見た瞬間にすごーいって感動してくれるのがダイレクトに伝わる。まさにダイレクトボンディングです(笑)

 

もちろん奥歯の治療も大事なのですが奥歯に良いかぶせものを入れてもすぐに治療室で「先生なんでも噛めますね」とは言ってもらえません。家に帰って食事しないとわからないですからね。でも前歯の治療はすぐに感動してもらえるから好きなんです。

 

ほとんどの親御さんは子供のことが大好きで大切だと思います。でもその可愛い子供の歯が虫歯になってしまうのは誰の責任でしょうか??小児の特に6歳未満の子どもの場合であればこれは100%親の責任と言えるでしょう。

 

可愛い女の子の前歯が虫歯で穴があいてたらどうですか??可哀想ですよね。でもそれは親御さんの管理不足、もしくは甘いジュースやお菓子の与えすぎがほとんどです。前歯の虫歯の場合はほとんどが甘い飲み物が原因だと思います。

 

僕自身ももうすぐ4歳の女の子の子どもがいますが本当に女の子って可愛いですよね。可愛い笑顔には白くて綺麗な歯は欠かせません。大好きなお子さんの可愛い笑顔のためには乳歯でも歯を大事にしましょう。

歯科医師 採用情報

最新技術で輝く白い歯に CEREC

コラム カテゴリ一覧
院長日記
歯の豆知識
インプラント治療
虫歯予防
医院のお知らせ
審美治療
入れ歯
歯並び、矯正
根管治療
歯周病
外科
Q&A
歯科用語

審美治療メニュー

審美治療

審美治療

esthetic

ホワイトニング

ホワイトニング

whitening

矯正歯科

矯正歯科

orthodontist

インプラント

インプラント

implant

その他の歯科メニュー

虫歯治療

a bad tooth

歯周病治療

periodontal

咬み合わせ治療

orthodontics

入れ歯

dentures

予防治療

preventive

小児歯科

pedodontics