名古屋市緑区の医療法人SKY 左京山歯科クリニックの歯の豆知識ブログです。

歯の豆知識ブログ

歯の豆知識ブログ

MENU

ハイブリッドインレー、ハイブリッドクラウンとは!?

こんにちは、名古屋市緑区の左京山歯科クリニックの院長の宮崎です。

 

歯科医院でハイブリッドインレーやハイブリッドクラウンという言葉を聞いたことがある方もいると思います。でもこのハイブリッドってなんなのでしょうか??

 

ハイブリッドとは?

そもそもハイブリッドとは複合のという意味をいいます。つまりハイブリッドカーは電気とガスの複合の車という意味ですよね。

 

それでは歯科材料のハイブリッドインレーやハイブリッドクラウンは何が複合されているのでしょうか??

 

それはセラミックの粒子とレジン(プラスチック)の複合材料なのです。セラミックインレーより柔らかく噛み合わせの歯にも優しい材料なのです。

 

それだけ聞くと「なんかめちゃくちゃいい材料じゃん。ハイブリッドって格好いいし良さそうだな」と思ってしまうかもしれませんが実際はセラミックよりはレジンに近い材料で強化型レジン(プラスチック)という言い方が正しいと言えましょう。

 

レジンに近い材料なので色調はセラミックに劣り、唾液を吸収し経年的に色も変化します。10年くらい前はセラミックのインレーは非常に難しかったのですが、ここ5年くらいで非常にいいセラミックの材料が出てきたのと、 CAD/CAMの技術が発達してきたのでセラミックインレーが非常に手軽にできるようななりました。そのためハイブリッドは最近はやや下火というのが実情です。

 

いい言い方をすればセラミックとレジンの合いの子でいいとこ取りと言えますが、悪い言い方をすれば中途半端な材料と言えます。

 

実際に私も妻に10年前はハイブリッドインレーを入れましたが5年くらいで色も変わってきて見た目が悪くなったのでセラミックインレーに変えました。ハイブリッドは必ず色調変化が起こります。これはどんなハイブリッド材料を使用しても避けることはできません。

 

ハイブリッドの長所は??

ハイブリッドにも長所はあります。それは修理が比較的容易にできるということです。つまりセラミックは欠けたりしたら補修はできません。セラミックは1000度以上の高温で焼いて仕上げますので口の中でセラミックを盛ったりすることはできません。

しかしレジン(プラスチック)の性質を持つハイブリッドは口の中で補修することができます。

 

つまり壊れたり欠けたりしやすい方にはいい材料と言えましょう。歯ぎしりが強かったり力が強くかかる部位など補修がいる可能性が高い方にはいいと思います。場合によってはインプラントのかぶせ物に使用する場合もあります。しかし前歯など見た目が重要な部位にはほとんど使用しません。なぜらな劣化して交換しなければいけないからです。保険の材料よりはいいですが結局は色調が変わってくるのです。

 

まとめ

ハイブリッドは初めは綺麗な色調ですが色は変わってきてすり減ってきます。できるだけ擦り減りにくい交換しなくてもいい材料がいいでしょう。材料を選ぶときはきちんと名前だけでなくどのような特徴があるのかも吟味して選ぶといいと思います。

歯科医師 採用情報

最新技術で輝く白い歯に CEREC

コラム カテゴリ一覧
院長日記
歯の豆知識
インプラント治療
虫歯予防
医院のお知らせ
審美治療
入れ歯
歯並び、矯正
根管治療
歯周病
外科
Q&A
歯科用語

審美治療メニュー

審美治療

審美治療

esthetic

ホワイトニング

ホワイトニング

whitening

矯正歯科

矯正歯科

orthodontist

インプラント

インプラント

implant

その他の歯科メニュー

虫歯治療

a bad tooth

歯周病治療

periodontal

咬み合わせ治療

orthodontics

入れ歯

dentures

予防治療

preventive

小児歯科

pedodontics