名古屋市緑区の医療法人SKY 左京山歯科クリニックの歯の豆知識ブログです。

歯の豆知識ブログ

歯の豆知識ブログ

MENU

オールセラミッククラウンVSメタルボンド

こんにちは、名古屋市緑区の左京山歯科クリニックの院長の宮崎です。

 

前歯のセラミックのかぶせもので代表的なものにオールセラミッククラウンとメタルボンドというものがあります。どちらもセラミックですが何が違うのか、そしてどちらを選べばいいのかを説明したいと思います。

 

 

オールセラミッククラウンとは?

その名の通り全てセラミックでできているかぶせものです。

セラミックだけなので天然の歯にかなり近い質感で作ることができます。

 

メリットは

金属を使わないので天然の歯に近い質感、つまり見た目がいいということ。

・金属を使用しないので金属アレルギーの心配がない

 

デメリットは

・費用が高い

・金属の土台が入っているとオールセラミッククラウンを入れることが難しくなる

 

メタルボンドとは?

メタルボンドは陶材焼付鋳造冠ともいいます。つまり金属のフレームの上にセラミック(陶材)をのせたかぶせものをいいます。オールセラミッククラウンとの違いは金属を使うかどうかという部分です。

 

メリットは

・ブリッジなど欠損症例にも幅広く使うことができる

・金属の土台が入っていても問題なく使うことができる

 

デメリットは

・金属を使用するので金属アレルギーの可能性はある

・オールセラミッククラウンに比べると見た目は敵わない

・金属を使用するので歯茎との境目の部分が黒ずんでくることがある

 などがあります。

 

オールセラミッククラウンが適している方

天然の歯と同じような質感の歯を入れたい方、見た目を重視している方はオールセラミッククラウンを選択しましょう。また土台に大きな金属を入れていない方もオールセラミッククラウンが適していると思います。

土台に金属を使っていて虫歯などでどうしてもはずしてやり替えなければいけない方は金属を使わないグラスファイバーコアを使いましょう。

 

メタルボンドが適している方。

金属の土台が入っている方で長い土台が入っており除去することが難しい方や欠損などがありブリッジにしなければいけない方はメタルボンドが適しています。あくまで私の考えですが中年以降の男性の方などは特に希望がない場合は私は比較的メタルボンドを選択します。

理由としてはオールセラミッククラウンには敵わないもののメタルボンドでもきれいな歯は作れます。中年の男性の場合は見た目よりも適合やその後のもちなどを重視される方が多いのでメタルボンドを選ぶ場合が多いですね。メタルボンドは50年以上の歴史がある材料なのでその信頼性はお墨付きです。 

 

まとめ

人によってどの素材がいいのかは全く違います。カウンセリングをしっかり行って自分に持っても適した材質を選びましょう。ただ高いからいいというわけではありません。その人によってはメタルボンドが最適な場合もあります。自分に合った材質を先生やコーディネーターと一緒に選びましょう。

歯科医師 採用情報

最新技術で輝く白い歯に CEREC

コラム カテゴリ一覧
院長日記
歯の豆知識
インプラント治療
虫歯予防
医院のお知らせ
審美治療
入れ歯
歯並び、矯正
根管治療
歯周病
外科
Q&A
歯科用語

審美治療メニュー

審美治療

審美治療

esthetic

ホワイトニング

ホワイトニング

whitening

矯正歯科

矯正歯科

orthodontist

インプラント

インプラント

implant

その他の歯科メニュー

虫歯治療

a bad tooth

歯周病治療

periodontal

咬み合わせ治療

orthodontics

入れ歯

dentures

予防治療

preventive

小児歯科

pedodontics