名古屋市緑区の左京山歯科クリニックの院長ブログです。

左京山歯科クリニック 院長ブログ左京山歯科クリニック 院長ブログ

MENU

走ったりすると上の歯が響く、これって虫歯??

こんにちは、名古屋市緑区の左京山歯科クリニックの院長の宮崎です。

季節の変わり目で風邪を引いて喉と鼻に来ちゃいました。鼻が詰まると辛いですよね。耳鼻科に行ったら案の定鼻が詰まってて薬をもらってきました。風邪も少し治りかけてきて久々にランニングでもしようかなと走ったら上の歯が振動で響いて痛いんですね〜

たまに走ったり、階段を降りたりすると歯が響いて虫歯かなと心配して来院される方もいます。実はこれは虫歯が原因ではないことも多いのです。

歯が響く原因とは!?

1:虫歯

虫歯が原因で神経に近づくくらい大きくなると歯が響いたり噛んで痛い症状が出てきます。明らかに虫歯がある場合はこれが原因でしょう。

治療法は当然虫歯治療になります。虫歯を削って詰めたり神経を取る治療をした場合はかぶせたりします。

2:かみ合わせが強く負担がかかっている

その歯に負担がかかりすぎていると響く場合もあります。この場合は咬合調整と言ってかみ合わせを見る紙を噛んでもらってちょっとずつ調整を行います。

3:上顎洞炎

風邪気味で鼻が詰まっていたりすると上顎洞という副鼻腔が炎症をおこす場合があります。上顎洞は歯の根と近接してるので上顎洞炎になっている場合はその影響で歯の根にも炎症が波及して歯が響くことがあります。

今回僕が歯が響いたのはこの上顎洞炎なのです。僕自身は虫歯はないのと鼻がかなり詰まっているのでおそらくこの上顎洞炎によって歯が響いていたと思います。

まとめ

歯が響く場合にその前後で風をひいて鼻づまりがあれば上顎洞炎の可能性があります。上顎洞炎の場合は耳鼻科できちんと診断して治療してもらいましょう。逆に歯が原因で上顎洞炎になる歯性上顎洞炎という場合もあります。これは歯科治療をしないと上顎洞炎が治りません。

鼻が詰まっていて歯が響く場合はまずは鼻づまりを良くしましょう。それで歯の響くのが治れば上顎洞炎です。鼻づまりが治ったにも関わらず歯の響くのが治らない場合は歯科医院でしっかりと検査してもらいましょう。虫歯やかみ合わせが強いのが疑われます。

歯が響くのが実は歯だけでなく鼻や上顎洞も影響することがあります。季節の変わり目は注意してくださいね。

歯科医師 採用情報

急募 求人募集 サロンみたいな雰囲気の歯科医院です。駅も近くて通いやすいです。

最新技術で輝く白い歯に CEREC

コラム カテゴリ一覧
院長日記
医院のお知らせ
スタッフブログ
虫歯予防
審美治療
歯並び、矯正
根管治療
歯周病
インプラント治療
外科
Q&A
研修会&セミナーレポート
入れ歯
歯科用語

審美歯科メニュー

審美歯科

審美歯科

esthetic

ホワイトニング

ホワイトニング

whitening

矯正歯科

矯正歯科

orthodontist

インプラント

インプラント

implant

その他の歯科メニュー

虫歯治療

a bad tooth

歯周病治療

periodontal

咬み合わせ治療

orthodontics

入れ歯

dentures

予防歯科

preventive

小児歯科

pedodontics