名古屋市緑区の左京山歯科クリニックの審美歯科に関するページです。

銀歯や詰め物の色が気になる
~審美歯科~

MENU

目立ってしまう銀歯は
審美歯科で白い歯に取り替えましょう

目立ってしまう銀歯のせいで思いきり笑えなかったり、人前での会話や食事が億劫になってしまったりしていませんか? このようなお悩みは、審美歯科で白くてきれいな人工歯に取り替えることで解消できます。名古屋市緑区の歯医者「左京山歯科クリニック」の審美歯科では、健康でしっかり咬めることを大前提とし、口元の美しさを追求した治療を行っています。

銀歯のデメリットとセラミックのメリット

これまで保険診療の虫歯治療で当たり前のように使われてきた銀歯。銀歯は白い歯列のなかで目立ってしまうだけでなく、金属アレルギーを引き起こす原因になることもわかっています。唾液や食べ物の影響で徐々に金属がイオン化して溶け出し、それが体内に吸収されることで全身にさまざまなアレルギー症状を招いてしまうケースがあるのです。


審美歯科補綴物の素材でおすすめなのは、セラミック素材です。以下では、銀歯のデメリットとセラミックのメリットをご紹介します。

銀歯のデメリット セラミックのメリット
  • 金属アレルギーの心配がある
  • 汚れが付着しやすいので虫歯や歯周病のリスクが高まる
  • 天然歯よりも硬いので、咬み合う歯を傷めることがある
  • 金属のイオンによって歯ぐきが黒ずんでしまうことがある
  • 金属アレルギーの心配がありません
  • 汚れがつきにくいので虫歯や歯周病の再発リスクを抑えられる
  • セラミックの種類によっては咬み合う歯を傷めない
  • 歯ぐきが黒ずまない
  • きれいな口元を手に入れることで予防意識が高まり、お口全体の健康を保ちやすくなる

見た目の美しさと機能性を考えた審美歯科治療

左京山歯科クリニックでは、まわりの歯やお顔との調和がとれた美しい見た目の実現とともに、歯の本来の機能の回復を図る審美歯科治療を行っています。お口の状態によりおすすめの方法は異なりますので、まずはお気軽にご相談ください。

ダイレクトボンディング

ダイレクトボンディングは、コンポジットレジン(歯科用プラスチック)を直接お口のなかで歯に盛りつけていく治療法です。素材はレジンですので強度や耐久性はあまり高くなく、被せ物を装着しなければならないような大きな虫歯や咀嚼に力がかかる奥歯には不向きです。しかし、ダイレクトボンディングには次のようなメリットがあります。


ダイレクトボンディングの特徴やメリット
歯を削る量が少なくてすむ 自然な仕上がりになる
硬い詰め物・被せ物を装着するには削った部分の形を整えなければなりませんが、ダイレクトボンディングなら虫歯部分を削るだけ。形を整えるために、健康な歯質を削る必要がありません。 色調や透明感が異なるレジンを重ねて盛ることで周囲の歯に合わせることができ、自然な仕上がりにすることが可能です。保険診療で使用するレジンとは異なり、継時的な変色も比較的少なめです。
短期間で治療ができる 治療費を抑えられる
通常の詰め物や被せ物は歯型を取って模型をつくり、そのうえで歯科技工士が人工歯をつくります。そのため作製には1~2週間ほどかかるのが通常ですが、ダイレクトボンディングならその日に仕上げることができます。 治療部位や治療範囲、治療の難易度によって異なりますが、金属やセラミックを用いた治療よりも安価です。
部分的な修復が可能  
レジンを歯に盛りつける方法なので、治療部位が欠けてしまった場合や変色してしまった場合には、その部分だけを修復することができます。  
こんなお悩みを解決!
  • なるべく歯を削りたくない方
  • 少し欠けてしまった前歯をきれいに治したい方
  • 小さな虫歯をきれいに治したい方
  • 前歯のすき間を治したい方
  • 以前に詰めた金属やレジンの変色が気になる方
ラミネートベニア

ラミネートベニアは、前歯の表面を少し削って薄いシェル状のセラミックの板を貼りつける処置です。歯の色を白くし、形をきれいに整えることができます。変色してしまった前歯を美しくすることができ、すき間のある前歯を整えることができます。ホワイトニングの効果が得られない歯を白くする治療としても効果的です。


ラミネートベニアの特徴やメリット
歯を削る量が少なくてすむ 美しい仕上がりになる
セラミックの被せ物を装着するより、歯を削る量を抑えられます。 セラミックでつくるので白く美しい仕上がりが期待できます。
歯並びも整えられる 比較的長持ちする
軽度な歯並びならラミネートベニアで整えることができます。 セラミック自体はほとんど変色しないので、長く使用することができます。
こんなお悩みを解決!
  • 前歯の少しのすき間を整えたい方
  • くすんだ歯をきれいな色と形にしたい方
  • 矯正するほどではない歯並びの乱れを整えたい方
  • 短期間で歯並びを改善したい方
  • ホワイトニングでは理想の白さにならなかった方

身体にやさしく見た目がきれいな審美歯科素材

歯を白く美しく整えるにあたり、当院では金属アレルギーの心配がなく長期的に使用できるセラミック素材をおすすめしています。こちらでは当院で扱っている審美素材をご紹介します。

オールセラミック

オールセラミックは、すべてセラミックでできている素材です。詰め物や被せ物などの審美補綴物で、天然歯のような自然な白さと透明感を再現できます。天然歯よりもすこし硬いですが、耐久性に優れていてほとんど変色もありません。


ハイブリッドセラミック

セラミックとレジンを混ぜた素材です。オールセラミックよりやわらかいので周囲の歯を傷めません。色調や透明感はオールセラミックに劣りますが、保険診療のレジンに比べると変色しにくく、治療費もオールセラミックよりは安価です。


イーマックス(e-max)

二ケイ酸リチウムガラスを主成分とした、歯科に特化したセラミック素材です。耐久性が高く、適度な強度としなやかさがあるのでまわりの歯を傷めることもありません。前歯には不向きな素材ですが、4番(小臼歯)以降の歯にはお勧めです。

ジルコニア

光の透過性が高く、見た目が天然歯に似ているジルコニアは、強度が高いので力がかかる奥歯にも使用可能な素材です。土台(コア)の金属が透けるのを防ぐマスキング効果に優れているため、美しい仕上がりになります。


メタルボンド

金属のフレームの表面にセラミックを焼きつけた被せ物です。金属があるので割れにくく、奥歯を含めたほとんどの部位に使用可能です。ただし金属アレルギーの心配があり、経年により歯ぐきに付近に金属のラインが見えてしまうことがあります。


ファイバーコア

重度の虫歯治療を行った際、被せ物の下に装着する人工の土台がコアで、保険診療では金属でつくるコアを白いグラスファイバー樹脂でつくったのがファイバーコアです。光の透過性に優れ、しなやかなので歯根を傷つけません。


それぞれの料金はこちらをご覧ください

最新技術で輝く白い歯に CEREC

審美歯科メニュー

審美歯科

審美歯科

esthetic

ホワイトニング

ホワイトニング

whitening

矯正歯科

矯正歯科

orthodontist

インプラント

インプラント

implant

その他の歯科メニュー

虫歯治療

a bad tooth

歯周病治療

periodontal

咬み合わせ治療

orthodontics

入れ歯

dentures

予防歯科

preventive

小児歯科

pedodontics