名古屋市緑区の左京山歯科クリニックの入れ歯治療に関するページです。

自然に咬める入れ歯にしたい
~入れ歯治療~

MENU

入れ歯にはさまざまな種類があります

失った歯の機能を補うための治療法はおもに「インプラント治療」「ブリッジ治療」「入れ歯治療」の3種類ですが、そのなかでもっとも歴史が古くポピュラーなのが入れ歯治療です。入れ歯治療では保険診療を選ぶことができ、その場合は治療費の自己負担額を抑えて安価につくることができます。自費診療を選択すれば、さまざまな種類の素材や作製方法から「よく咬める入れ歯」「見た目が自然な入れ歯」などをつくることができます。

こちらでは、名古屋市緑区の歯医者「左京山歯科クリニック」の入れ歯治療についてご説明します。

保険と自費の入れ歯の違い

  保険診療の入れ歯 自費診療の入れ歯
素材 床の部分をレジン(歯科用プラスチック)でつくった入れ歯です。部分入れ歯の場合は、金属のバネ(クラスプ)で固定します。 さまざまな素材から好みの素材を自由に選ぶことができます。
構造 保険の範囲内で設計します。 新しい技術や構造から選択することが可能です。
見た目 入れ歯だとわかってしまいます。 より自然な見た目に仕上げることができます。
違和感 ある程度の厚みや大きさがあるので、違和感が出やすくなります。 素材によっては薄くつくることができるので、違和感を抑えられます。
機能性 硬い物が咬みにくいことがあります。 保険診療の入れ歯より咬む力を高めることができます。
熱伝導性 食べ物の温度は伝わりにくいといえます。 金属素材を選択すれば、食べ物の温度を感じやすくなります。
修理について 壊れやすい反面、修理も比較的かんたんにできます。 使用素材により修理が難しい場合があります。

入れ歯治療のメリット

治療費が安い 保険診療の入れ歯の場合は治療費がかなり抑えられます。自費診療の入れ歯でも、インプラント治療に比べれば安価です。
治療期間が短い インプラントは外科手術が必要で、インプラントが安定するまで治癒期間が必要です。そのため治療には数ヶ月から半年かかります。入れ歯なら種類によっては1ヶ月ほどで装着可能です。
あらゆる方に適用可能 インプラント治療の場合、全身疾患(重度の糖尿病や心疾患、肝臓疾患など)がある方は治療できないことがありますが、入れ歯治療ならあらゆる歯の欠損状態でも受けられます。
理想的な咬み合わせが
得られる
精度の高い入れ歯を作製することで、お口にぴったりと合った、しっかり咬める理想の咬み合わせに整えることができます。

左京山歯科クリニックの取り扱い入れ歯

レジン床義歯(総入れ歯・部分入れ歯)

費用:保険に準じます

歯肉を覆う部分をレジン(歯科用プラスチック)でつくる保険診療の入れ歯です。部分入れ歯の場合は金属のバネ(クラスプ)がつきます。床が厚く大きめなので、装着感はあまりよくありません。


金属床

費用(税抜価格):250,000円~

歯肉に触れる床の部分を金属素材でつくる自費診療の入れ歯です。レジン床の入れ歯より軽くつくれ、食べ物の温度を感じることができます。金属は、金合金、コバルトクロム、チタンなどから選ぶことができます。


ノンクラスプデンチャー

費用(税抜価格):100,000円~

弾性のある素材でつくる金属のバネ(クラスプ)を使わない自費診療の部分入れ歯です。やわらかい素材なのでフィット感に優れています。バネがないので目立たず、まわりの歯に負担をかけません。


マグネットデンチャー

費用(税抜価格):マグネット1ヶ所につき50,000円~

残っている歯根に金属のキャップをつけ、入れ歯には磁石をはめ込み磁力によって入れ歯を固定します。比較的安定するのでよく咬めます。また残っている歯への負担が少ないうえ、小さめにつくれるので違和感も少なめです。


コーヌスクローネデンチャー

費用:症例によって異なります。

残っている歯に内冠を装着し、入れ歯にその外冠を取りつけてピッタリはめ込み、摩擦の力で入れ歯を安定させるタイプです。バネがないので見た目がより自然で、比較的安定した装着感と咬み心地が手に入ります。


シリコンデンチャー

費用(税抜価格):100,000円~

歯ぐきにあたる部分を弾力性のある生体用シリコンで覆った入れ歯です。吸着性が高いので入れ歯と歯ぐきの間に食べ物が挟まりにくく、咬んだときの負担が軽減されるのでグッと咬みしめることができます。


精密アタッチメントデンチャー

費用(税抜価格):症例によって異なります。

残っている歯根、または埋入したインプラントにアタッチメントを取りつけ、それによって入れ歯を固定します。アタッチメントにはさまざまな種類がありますので、お口の状態に合わせて選びます。


入れ歯はお手入れが大切です

お口のなかで使用する入れ歯は、常に清潔に保つことが大切です。毎日歯みがきなどのセルフケアをするのと同じように、入れ歯も毎日のケアが欠かせません。入れ歯は毎食後、水でかるくすすぎ汚れを落としましょう。流水で落ちない汚れは入れ歯ブラシでやさしく落としてください。このとき大切なのは、歯みがき粉を使わないことです。歯みがき粉には研磨剤が含まれていますので、入れ歯に細かい傷をつけてしまい、その傷が細菌の温床となってしまいます。また寝る前にも入れ歯の汚れを落とし、水に浸けておきましょう。入れ歯洗浄剤を使用することをおすすめします。

最新技術で輝く白い歯に CEREC

審美歯科メニュー

審美歯科

審美歯科

esthetic

ホワイトニング

ホワイトニング

whitening

矯正歯科

矯正歯科

orthodontist

インプラント

インプラント

implant

その他の歯科メニュー

虫歯治療

a bad tooth

歯周病治療

periodontal

咬み合わせ治療

orthodontics

入れ歯

予防歯科

preventive

小児歯科

pedodontics