名古屋市緑区の左京山歯科クリニックの虫歯・根管治療に関するページです。

歯が痛い・しみる~虫歯・根管治療~

MENU

虫歯になってしまったら、なるべく早く治療しましょう

「冷たい物がしみる
「歯が 痛い
「歯が黒くなって穴があいている」

これらは代表的な虫歯のサインです。ある程度進行してしまった虫歯が自然に治ることはなく、治療しないとどんどん悪化してしまいます。虫歯は早期発見・早期治療が大切です。少しでもお口に違和感がありましたら、お早めに名古屋市緑区の歯医者「左京山歯科クリニック」へご相談ください。

虫歯とは?~進行段階と治療法~

虫歯は、お口のなかの虫歯菌が食べカスに含まれる糖分(ショ糖)を分解して「酸」を生成し、その酸によって歯が溶かされてしまう病気です。ごく初期の虫歯は「脱灰」といい、歯の表面のエナメル質の成分がわずかに溶け出す程度です。この段階では歯の「再石灰化」によって溶け出したミネラル成分が再び歯質に元に戻りますが、再石灰化が追いつかずにそのまま虫歯が進行してしまうと、歯質がどんどん溶かされて虫歯が重症化します。

虫歯の進行段階とおもな治療法
進行段階 おもな症状 おもな治療・処置
C0:脱灰 ごく初期段階の虫歯です。歯の表面が白く濁って見えますが、「痛い」「しみる」といった自覚症状はまだありません。 適切な歯みがきを行っていただくための歯みがき指導をします。また、フッ素塗布によって歯の再石灰化を促します。
C1:エナメル質の虫歯 歯の表面のエナメル質が溶けて黒ずんで見える状態です。冷たい物がしみることがありますが、痛みが出る段階ではありません。 虫歯になった部分を削り、レジン(歯科用プラスチック)を詰めて治療します。
C2:象牙質の虫歯 歯の穴がさらに深くなり、エナメル質の奥にある象牙質まで虫歯が達した状態です。冷たい物や甘い物がしみたり、痛みを感じたりするようになります 虫歯になった部分を除去し、詰め物(インレー)などで補います。
C3:神経に達した虫歯 象牙質を突き破り、さらに内側にある神経まで到達した重度の虫歯です。何もしていなくても、ズキズキと激しく痛むようになります。 歯の神経を除去する根管治療を行います。治療を終えたら、被せ物(クラウン)を装着して歯を補います。
C4:歯の根に達した虫歯 歯の神経が死んでしまうといったん痛みはなくなりますが、歯根の先に膿がたまるとふたたび激しく痛み出します。 ほとんどの場合は抜歯と診断されます。抜歯後はインプラント、ブリッジまたは入れ歯治療を行い、失った歯の機能を補います。

当院の根管治療について

検査
正確に虫歯の状態を検査~ダイアグノデント~

「ダイアグノデント」は、レーザー光を用いた虫歯診断装置です。虫歯の進行状態を0~99の数値で視覚化できるので、肉眼やレントゲン検査では発見しづらかった初期の虫歯や特殊な形をした虫歯なども正確に把握することができます。短時間正確な診断ができ、適切な治療が可能になるのです。

歯の内部や顎の骨もチェック~歯科用CT~

歯科用CTは撮影したデータをコンピュータ処理によって再構成し、3次元画像を取得できる診断機器です。歯の内部や顎の骨などを解像度の高い3次元画像で詳細に把握できるので、正確な診断や確実な治療につながります。根管治療の精度を高めるためには欠かせない設備です。


治療
「痛さ」「怖さ」を軽減する治療~麻酔・ハンドピース~

痛みを感じないよう治療前には部分麻酔をしますが、当院ではこの麻酔注射の痛みをやわらげるためにまず"塗る麻酔"とも呼ばれる表面麻酔を施し、針を刺す瞬間のチクッという痛みを軽減しています。また、一定の圧力・速さで注射できる電動麻酔器の使用によって、麻酔液注入時の圧迫感や不快感をともなう「圧痛」も抑えています。

一般的に虫歯治療で歯を削るドリルはエアー式と呼ばれます。エアー式は「キーン」という大きな音が特徴で、この音が嫌いだという方も少なくありません。当院ではエアー式でなく機械式のドリルを使用しているので音が小さく、回転音も気になりません。

歯にやさしい根管治療~ニッケルチタンファイル~

根管治療では、細く複雑な形状をした「根管」から虫歯に汚染された歯の神経を取り除きます。多くの歯科医院では根管内の汚染物質をかき出すのにステンレスファイルを使用しますが、当院ではニッケルチタンファイルを使用しています。ニッケルチタンファイルには適度な柔軟性があるため、より歯に負担を与えず、より確実に精密な治療が実現できます。

親知らずの抜歯もご相談ください

虫歯治療と関連性の高い治療に、「親知らずの抜歯」があります。親知らずは、永久歯が生えそろったあとに奥歯のさらに奥に生えてくる歯で、全体的に顎が小さい現代人においてはトラブルを招く原因になることも珍しくありません。この親知らずが斜めに生えてきたり埋まったままだったりすると、歯ぐきに炎症を起こす、周囲の歯を押して歯列に悪影響をおよぼす、みがき残しをできやすくして虫歯のリスクを高める、といった問題が起こりやすくなるのです。

親知らずの抜歯が必要かどうかを正確に診断するのに役立つのが、歯科用CTです。歯科用CTで精密な診断ができれば、顎の骨や神経、血管との位置を把握し、安全な抜歯を行うことができます。「奥歯がムズムズする」「奥歯の歯ぐきが腫れて痛みがある」といった方は親知らずの生え方に問題があるかもしれません。お早めにご相談ください。

虫歯は非常に再発しやすい病気です。虫歯治療を行ったら、治療した歯だけでなく周囲の歯が虫歯になってしまうことを防ぐため、お口のメインテナンスをおすすめします。くわしくは当院の予防歯科へご相談ください。

左京山歯科クリニックの予防歯科について

最新技術で輝く白い歯に CEREC

審美歯科メニュー

審美歯科

審美歯科

esthetic

ホワイトニング

ホワイトニング

whitening

矯正歯科

矯正歯科

orthodontist

インプラント

インプラント

implant

その他の歯科メニュー

虫歯治療

歯周病治療

periodontal

咬み合わせ治療

orthodontics

入れ歯

dentures

予防歯科

preventive

小児歯科

pedodontics