名古屋市緑区の左京山歯科クリニックが咬み合わせ・歯ぎしりについてご説明します。

顎がガクガクする~咬み合わせ治療~

MENU

咬み合わせの乱れは全身に影響することがあります

咬み合わせ」と聞くとお口の中だけの話のように感じるかもしれませんが、咬み合わせが乱れているとお口のまわりのバランスが崩れ、全身のバランスにまで悪影響をおよぼしてしまうことがあります。原因不明の頭痛やめまい、なかなか治らない肩こりや腰痛がある方は、もしかしたら咬み合わせの乱れが原因かもしれません。こちらでは、名古屋市緑区の歯医者「左京山歯科クリニック」が咬み合わせの乱れと治療法についてお話しします。

咬み合わせとは?

本来、物を咬むことによって歯は自然にすり減っていき、一人ひとりの顎の形に合うように微妙に変化しながら安定していきます。しかし、食習慣や生活習慣が大きく変化した現代では、硬い物を食べなくなった(食べる必要性が減った)ことから、歯がすり減らなくなっているといわれています。その影響で、咬み合わせも乱れやすくなっているのです。


理想の咬み合わせの条件

咬み合わせの乱れが引き起こす可能性があるさまざまな悪影響

お口のトラブル お口の自浄作用が働きにくく、歯みがきをしてもみがき残しが起きやすいので、虫歯や歯周病などにかかりやすくなります。
消化器官への負担 食べ物をしっかり細かく咬み砕けないと胃腸に負担がかかり、栄養を吸収する効率も悪くなります。
不明瞭な発音 「歯と歯のすき間から息がもれる」「舌の位置が定まらない」といった問題により、クリアな発音が妨げられることがあります。
歯の寿命の短縮 一定の歯に偏った負荷がかかると、その歯の寿命を縮めてしまうことにつながります。
見た目のコンプレックス 口元の見た目がコンプレックスになることで、笑顔になれなかったり、人前に出るのが億劫になったりすることがあります。
全身のゆがみ 咬み合わせのバランスが崩れると、顎だけでなく全身にゆがみを招くことがあります。
咬み合わせを悪化させてしまう「歯ぎしり」について

実は多くの方が経験している、就寝中の歯ぎしりや無意識での食いしばり。これらを長年続けていると、一定の歯に過度な負担がかかったり咬み合わせが乱れたりする原因になります。

ご家族やご友人に歯ぎしりを指摘されたことがある方は、まずは就寝中の歯や顎への負担をやわらげることが大切です。マウスピース状の装置を使用することでその負担を軽減できますので、まずは当院へご相談ください。

咬み合わせのかんたんチェック

あなたの咬み合わせは大丈夫ですか? 咬み合わせをセルフチェックしてみましょう。ひとつでも該当するチェック項目があった方は、一度当院にご相談ください。

日本顎咬合学会認定医による治療について

名古屋市緑区の歯医者「左京山歯科クリニック」の院長は日本顎咬合学会の認定医ですので、咬み合わせ治療は得意分野です。当院では咬み合わせのバランスを重視して、あらゆる治療に取り組んでいます。


矯正歯科治療

お口の状態により、咬み合わせの改善もふまえた歯列矯正を行っています。当院ではあまり目立たない矯正治療にも力を入れていますので、装置の見た目が気になるという方もお気軽にご相談ください。

矯正治療について
補綴治療

インプラント治療やブリッジ治療、詰め物(インレー)や被せ物(クラウン)を装着する治療によって歯の機能を補い、同時に咬み合わせのバランスを整えるのが補綴治療です。当院では機能性(咬み合わせ)と美しさを兼ね備えた補綴治療を行っています。

インプラントやブリッジ治療について
審美歯科について
顎関節症治療

顎がガクガク鳴る、顎が痛い、お口が開けづらい(閉じにくい)というのが顎関節症の代表的な症状です。顎関節の慢性的な不具合や痛みの軽減するため、当院では睡眠時などにマウスピースを装着して顎関節への負担を抑える「スプリント療法」を行っています。またその他に、鎮痛剤や筋弛緩薬を処方する方法もあります。顎に不具合を感じたら、「咬み合わせのエキスパート」の診断をお受けください。

最新技術で輝く白い歯に CEREC

審美歯科メニュー

審美歯科

審美歯科

esthetic

ホワイトニング

ホワイトニング

whitening

矯正歯科

矯正歯科

orthodontist

インプラント

インプラント

implant

その他の歯科メニュー

虫歯治療

a bad tooth

歯周病治療

periodontal

咬み合わせ治療

入れ歯

dentures

予防歯科

preventive

小児歯科

pedodontics